“霜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しも99.3%
じも0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから写真を二枚って貰った。一枚は机の前に坐っている平生の姿、一枚は寒い庭前の上に立っている普通の態度であった。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
つくこをいでつて日向けてついてた。お勘次一寸なくつたのでしかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「爺、おととしかな、ひどい春のと、そして夏はまたひでりで、この山里が、えらい不作にみまわれたのは」
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)