硝子戸の中がらすどのうち
硝子戸の中から外を見渡すと、霜除をした芭蕉だの、赤い実の結った梅もどきの枝だの、無遠慮に直立した電信柱だのがすぐ眼に着くが、その他にこれと云って数え立てるほどのものはほとんど視線に入って来ない。書斎にいる私の眼界は極めて単調でそうしてまた極 …
作品に特徴的な語句
真向まんむこう うみ おす きょく あて ます こと ドアー 耳語みみこすり こころ はず じゅう ひら 彼女かのおんな たっ かた とと かす うご うけが おの おこ ふところ わたくし 入牢じゅうろう づか 右側みぎわき 一日いちんち 焦慮あせっ きた あや たし なな はず こう 今日こんち なつか 仰向あおむき たた おぼえ あや おも さい 冷評ひや 一寸いっすん こまや もぐ さかの さむ 玄関げんか 田地でんち かん きわ いや あん がた くう かご 組織そしょく 拘泥こだ のの はば なさ におい うしろ 裲襠かいどり 己惚おのぼれ たく 見舞みまい かし 威嚇おどか 夢幻ゆめうつつ 夜遊よあそ ひざま はず 垂涎よだれ とお 途切とぎれ うた 周囲あたり むこう 長者ちょうしゃ 刺繍ぬい かか 零落おちぶれ