“賢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かしこ38.9%
さか26.7%
けん10.4%
かし10.0%
さかし4.1%
サカ1.8%
まさ1.4%
サカシ0.9%
さかしゅ0.9%
さかしら0.9%
さと0.9%
ケン0.5%
0.5%
がしこ0.5%
さとし0.5%
ざか0.5%
たか0.5%
とうと0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「シツ。——立ち聽きしてゐる奴があるんだ。いやうでも、影法師が板圍ひの隙間をチラチラ隱すことには氣がつかなかつたらう」
梅は白きこそよけれ紅なるは好ましからずなんどしげにいふ人は、心ざまむげに賤し。花は彼此をくらべて甲乙をいふべきものかは。
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
ちゃん、うまくすれば、つくかもしれないよ。」と、清次は、自分が、手荒にしたのをべつに後悔するふうもなかったのです。
僕のかきの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
少年はせい/″\十四、五、あまりこさうではありませんが、丈夫さうで、執拗で、頑固らしいところのあるのは、平次の註文通りでした。
げな百説、どれもこれも採るに足らぬ。吉良は無事に生きているのだ。ただ、亡君の怨敵たる彼のを申しうければそれで足る)
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ともかく彼の顔、からだ、爪さきから爪さきに行きわたつてゐる敏感としさが、明るい細やかな立像に、飜刻せられて来るのであつた。
「貴方は、孔夫子に対して、げて弟子の礼を執っていられるのではありませんか。どうも私には、貴方が孔夫子よりもっていらっしゃるように思えますが。」
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
ああ! 酒呑まぬ男は猿にかも似てゐると、うまいことを言ふもんだねえ。ら人は、いやだねえ。ゲヂゲヂを思はせるよ、君。
おおさいかにも紋十郎じゃ、おおかたこうと眼を付けて、計られると見せて置いたら、いつかこっちのり、女うして牛売り損ない、可愛い男をが手で、巧々死地へ落とし入れたなあ。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
き、しかくぶりて、飼鳥ひつれど、明日らずねてむるあるは、また小鳥になるまじきものにあらず
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
痛ししだ。このうえ下手にごねてみずから現職の地位を失うよりはと、彼もそこは利にく、軟化の色をやがて見せた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
聖主ハルモ却ッテ吾ヲ知ラズ
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其精神元気を改造するの用をし能ふ者に非ざるは歴史上の断案なり(二)更に学校教化の作用を借りて人心改造のとなさんとする者あり、是前法に比すれば固よりしこき方法なるべしと雖
こうしたことはみんな、太鼓に合せて踊っている最中に行われるのです。えられたほうの者も、同じようにずるくそれに答えます。
二人ある輝子の子供のうちで、兄の子供の方はと言い、妹の方は毬子と言ったが、毬子は賢ほど人見知りをしなかった。その毬子はぐ泉太や繁の側へ行って子供らしい遊戯の仲間入をしている。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
(この小しい女には、俺自身で、したいことがある)
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
九万吉氏は、先代、石田与惣兵衛の養女たる子さま(現在の賢夫人)と結婚するという条件で、アメリカの大学へ留学させてもらったが、同学の合衆国美人と恋仲になり
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
(七) 子夏曰く、しきを(尊)び、色を(軽易)り、父母にえてく其の力をし、君にえて能く其の身をげ、朋友と交わりいてあらば、未だ学ばずというと
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)