“さか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サカ
語句割合
24.7%
13.6%
8.7%
8.2%
6.7%
6.7%
6.6%
3.7%
2.7%
2.3%
1.7%
1.7%
1.6%
1.4%
茶菓0.9%
0.8%
0.6%
0.6%
0.6%
0.5%
0.5%
0.3%
怜悧0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
沙河0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
斜坂0.1%
斜面0.1%
殷盛0.1%
0.1%
狡猾0.1%
0.1%
繁盛0.1%
0.1%
茶家0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
んで、ぐいとった。そので、さにでた八五は、もう一って、藤吉枝折戸きずりんだ。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
これで病附いた東皐子は、翌日徒弟穴掘老爺同行して、んに發掘し、朝貌形完全土器したなどは、茶氣滿々である。
この通り牝猴時として慾火んに人前に醜を露わす事もあるべく、それらの事より山神女性で男子の自涜を好むといい出したものか。
これらの長篇制作に関するノートを書きつけたような結果になったが、他の人々も今後んに純粋小説論を書かれることを希望したい。
純粋小説論 (新字新仮名) / 横光利一(著)
今口を極めて李陵を讒誣しているのは、数か月前李陵が都を辞するときにをあげて、その行をんにした連中ではなかったか。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
されば我若し行くを肯はゞその行くこと恐らくはこれ狂へるわざならん、汝はし、よくわがの盡さゞるところをさとる 三四—三六
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
煙草屋にて北八のパイレートをふ。勿論身錢なり。舶來煙草此邊にはれあり。つてならず。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
の頭を鉄扇で打ち、門弟がを取って引摺り出し、打ち打擲するのみならず、割下水へさまに突込まれては半分死んで居ります
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ほかの生物生存競争びても、協力生活をするありの種族だけはえるのだ、世界じゅうどこでも、ありのいないところはないだろう。
戦友 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そうして向うでちろりを借りておをつけて、余った酒は又に入れて持って帰ってしおに使うと云うんだが、実際ありゃあいい考だね。
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
私たちは山にろうとするこころと、山にかれるこころとれるさまをこれ等の蜘蛛手の線路の上へ形さながらに現して彷徨いたしました。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そして、勝負をしながら畫談かせていたりするのも、には一つのみだつた。し、赤り住んでからは、く先生とも會戰ない。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
可愛いこの一族は、土手くところ、二里三里とともにえてぶべきことを、ならず、やがて發見した。——房州である。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
一にく、を以て貴しとし、ふこと無きをと為せ。人皆有り、れる者少し。を以て、或は君父はずして隣里ふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
ふたりがりっぱなでおおわれた丸テーブルをはさんで、安楽イスに腰をおろしますと、待ちかまえていたように、べつのボーイが茶菓を運んできました。
怪人二十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
朝飯前仕事にして天下かす事虎列刺よりもだしく天下評判さる〻事蜘蛛よりもんなるは唯其れ文学者あるのみ、文学者あるのみ。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
あんたにらっても無駄だってことはよく知ってる。……だから、こうして降参してるんじゃないか。……助けてやってくれとたのんでるんだ。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
黒曜石のようなしい眼のあった個所には、眼窩が暗い孔を開け、桜貝のような愛らしい耳が着いていたところから藻草が青い芽をだしている。
湖畔 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ことに彼のしげなのを見て、泰親は叔父夫婦にも子細をうちあけて、彼を自分の弟子として取り立ててみたいと言った。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
四十五六のんな年頃ですが、ひどい跛者で蒼白くて、二本差としてモノの役に立ちさうもありませんが、雜俳席畫得手で、散らしを描いたり、配り物、刷り物の圖案をしたり、代作、代筆
諸王をして権を得せしむるも、大なりというべし。太祖の意にえらく、くなれば、本支けて、朱氏永くえ、威権に移る無く、傾覆のも生ずるに地無からんと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
古藤はさすがにしく、こうもつれて来た言葉をどこまでも追おうとせずに黙ってしまった。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
むりに押し分けたような雲間から澄みて怜悧に見える人の眼のごとくにかに晴れた蒼空がのぞかれた。
あいびき (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
二度は八百疋捉えたの千疋取れたのと誇大の報告を聞いたが、雀の方がよほど県郡の知事や俗吏よりくたちまち散兵線を張って食い荒らし居る、それと同時に英国では鳥類保護の声んに
此人なるゆゑ双坡楼家号す、その滑稽此一をもつて知るべし。飄逸洒落にしてよく人にせらる、家の前後にありとぞ、双坡て妙なり。
めて川面を見やれば誠に魂を冷す關山とてしき坂あり一人を守れば萬夫も越えがたしと見ゆる絶所にて景色もよし車夫いろ/\名所話しを
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
「いまんだのはおまえらだか。」ときいた。
さいかち淵 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
ぬか星の騰れる空にさ霧立ち今宵はし蒼海の
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
無帽の黒い艶々とした髪が女の児のように房々と波打っている様子と言い、睫毛の長いパッチリとした涼し気な眼がし気に今涙を含みながらっている様子と言い、青白い頬
逗子物語 (新字新仮名) / 橘外男(著)
その場合には必ず今まで睦まじく過ごした長の歳月のぼって、自分達がいかな犠牲を払って、結婚をあえてしたかと云う当時を憶い出さない訳には行かなかった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
先鋒になろうと父に請うた位に気嵩しかった。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
路傍の新樹は風にもまれ、なその若葉は吹きれてに散乱している。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
太田川の支流の浅井川というのを三里ばかりのぼった、谷あいにある温泉場で、胃腸によく効くといわれ、まわりが紅葉の名所であるのも加えて、かなり遠くからも湯治客が絶えず
契りきぬ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
さく、豆のようで、まだその顔すら見えるには暇があったが私の目にはありありと、顔色の土黒い、眼のしい、の赤い、口の大きな唇の厚い
暗い空 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「は、沙河大会戦で身に数弾をうけ、それから内地へ送還されましたが、それまでは勇敢に闘いましたそうです」
爬虫館事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
話は遠く日露戦争の昔にさかのぼりますが、河内園長が満州の野に出征して軍曹となり、一分隊の兵を率いて例の沙河前線遼陽の戦いに奮戦したときのことです。
爬虫館事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その常にぢかつる一事を責められては、えざるをもるる心地して、彼は苦しげにめ、声をもさでゐたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かの妨げられし恋は、破鏡の再び合ふを得て楽み、吾がれし愛は落花のる無くしてらんのみ! いで、吾はかくて空くるべきか、風にりて飛ぶべきか、水に落ちて流るべきか。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
通い廊下に藤の花をしょうと、西洋窓に鸚鵡を飼おうと、見本はき近い処にござりまして、思召通りじゃけれど、昔気質の堅い御仁、我等式百姓に、別荘づくりは相応わしからぬ
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
我里は木曾の谷の、名に負ふ神坂の村の、しき里にはあれど、見霽しのしき里、美濃の山近江の山、はろばろに見えくる里、恵那の山近くえて、胆吹山髣髴にも見ゆ。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それで己も分かったが、幾ら宝がって入っても
然らば尚書(○書經)仲虺に「徳んなるは官を懋んにし、功懋んなるは賞を懋んにする」と之れ有り、徳と官と相配し、功と賞と相對するは此の義にて候ひしやと請問せしに、翁欣然として
遺訓 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
大霧をるよと見る間に、急瀬上下に乱流する如くなりて、中霄れ、片々団々れて飛んで細かく分裂するや、シヤボン球の如き小薄膜となり、球々相摩擦して、争ひて下界に下る、三合四合
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
しあぐんだ後には、警察でも、かう言つて、方針をかへて、あちこちと沼のや河の岸を探らせた。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
「磯の埼ぎたみゆけば近江八十さはに鳴く」(巻三・二七三)、「吾が船は比良の湊に榜ぎてむ沖へなりさふけにけり」(同・二七四)がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
下にはまずまばらに茅葺屋根、大根の青い畑が連って、その下に温泉場、二階三階、大湯から出る湯の煙、上を仰ぐと、同じ斜坂爪先上がりになっている間に一条の路がうねうねと通って
ネギ一束 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
この丘のや、また一部はその斜面にかけて、灰色っぽい丸太造りの百姓家がべた一面に黒々と群がっていた。
今夜此処での殷盛
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
しげならしてつた。も、——此處もののさへつたのは、車夫言葉記憶である。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
聖書にはその物語がこまごま述べてあるけれど、蛇については「神の造りたまひし野の生物の中に蛇もつとも狡猾し」
大へび小へび (新字旧仮名) / 片山広子(著)
軒並の商家は相当にえてゐた。
伊良湖の旅 (新字旧仮名) / 吉江喬松(著)
ヒエというたところで、になって帰りましたところが、親戚もなし、に何う仕ようという目途もないものですから願わくば此の繁盛る御府内でまア生涯朽果れば、え物を
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
夜は星がしげにかがやいていた。垣には虫の声が雨のように聞こえる。椿の葉には露がおいて、大家の高窓からもれたランプの光線がキラキラ光った。木の黒い影と家屋の黒い影とが重なり合った。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
いわゆる「茶家」と呼ばれている者の門戸までが、ひっそりとしてこの道のさびれを思わせていた折に、千宗易のすがたがここで見られたことは、久々の珍しさというよりは
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
家へ入ろうとしたら、ふだん仲のいい姉妹声高いをしていられましたから、福次郎さんも躊躇して、しばらくそこに、立っていたのだそうです。お姉さんの声は、聞こえませんでしたけれど
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)