“數”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
かず45.3%
かぞ29.7%
すう15.6%
1.6%
しば/\1.6%
1.6%
あまた0.8%
かぞふ0.8%
0.8%
しば0.8%
0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しばらくすると、毛蟲が、眞白になつて、にも、にも、花片らしてつてるゝ。幾千ともらない。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さういふたちは、げることの出來ないたくさんありますから、こゝにはごくわづかの代表者だけをしておきませう。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
(七)舜禹(八)岳牧む。(九)み、らしむること(一〇)功用り、く。
付其外帳面書留るに米千八百五俵五百三十俵並に箪笥長持村役人立合にて改め相濟其夜寅半刻事濟に相成山駕籠を申付て是へ文藏夫婦に下男吉平を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其名を筆にして、其文に由つて其人に親みつゝ、程近き所にある墓を尋ぬることを怠つてゐるのは、遺憾とすべきである。兎に角一たび往つて見ようと云ふのである。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
南家の郎女の幸福な噂が、春風に乘つて來たのは、次の春である。姫は別樣の心躍りを、一月も前から感じて居た。さうして、日をり初めて、ちようど、今日と言ふ日。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
より慣れぬ徒歩なれば、たび或は里の子が落穗拾はん畔路にさすらひ、或は露に伏す草村立迷うて、絲より細き蟲のに、覺束なき行末をてども、問ふに聲なき影ばかり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
受け口上のきを聞き茫然と天をぎて歎息なし指屈ればハヤ兩人出立なしてより今日は七日目なり行路三日歸り路三日紀州表の調して三日なり然ば九日ならでは歸り難し然るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
が三四近所いのを一づつれた。さうしてから蒲團ばれた。それはがぎつしりとつた財布であつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
三二五 睡眠を好み、饕餮に、心昧劣にして、展轉して寢ね、穀類に肥えたる大豚の如き暗鈍者はしば胞胎に入る。
法句経 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
今や/\と待程に其後岡山侯よりへの人來り大名小路の上屋敷へ三人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
我が暮らす日の長く又重きことは、ダンテが地獄にて負心の人のるといふ鍍金したる鉛の上衣の如くなりき。夜に入れば、又我禁斷の果にひ寄りて、その惡鬼に我妄想の罪をめらる。