“長持”の読み方と例文
読み方割合
ながもち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道満晴明右左れてにつきますと、やがて役人が四五かかって、そうに大きな長持いでて、そこへすえました。
葛の葉狐 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
坂になった馬籠の町は金のの紋のついた挾箱、長い日傘、鉄砲、箪笥長持、その他の諸道具で時ならぬ光景を呈した。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
彼は、ともすると、暗い長持の底を覗きこんで、亡くなったお祖父さん、そのまたお祖父さんというふうに、遠い昔のことなど考えてみた。
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)