“日傘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひがさ91.4%
パラソル5.7%
ひがらがさ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どんな女も七面鳥ほど上手にはまくれまい。また、日光もおそれない。七面鳥は日傘を持たずに出掛けるなんていうことはない。
白い日傘でもおさし、綺麗に雨がふる、寂しい雨が。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)