“油虫”のいろいろな読み方と例文
旧字:油蟲
読み方割合
あぶらむし66.7%
カクロウチ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
患者等かんじゃら油虫あぶらむし南京虫なんきんむしねずみやからてられて、んでいることも出来できぬと苦情くじょうう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
娘たちは、まるで油虫あぶらむしに砂でもまくように、シモンの兵隊の上に、爆弾を投げ下しました。
イワンの馬鹿 (新字新仮名) / レオ・トルストイ(著)
機関部の油虫カクロウチなんか船乗りセイラアなぞという意気なものではないと為吉も子供の頃から思込んでいた。
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)