“鉦叩”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かねたたき66.7%
かねたた33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鉦叩”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鉦叩かねたたき——湖の宿の訪客。秋のしよぼふる雨のなかで、垣の内外うちとで、いつまで、たち去らない巡礼。鉦叩くだけで、御詠歌はやらない。
独楽 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
と、さも現世をあきらめきつた旅藝人のやうに、ひとしきり飄逸な歌を唱つて、またいづことも知らず飛んで往つた、あのつくつく法師や、木の叉枝で念仏行者のやうにちんちんと行ひすましてゐる鉦叩かねたたきや、がちやがちやと空騒ぎをして
独楽園 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
生意気なまいき鉦叩かねたたむしめ! ぞうさはねえ、その女も一しょにつまみだして、二本松の枝へさかづるしにつるしてぶんなぐれ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「じゃあ引ッこめ、引ッこめ! 鉦叩かねたたきのやせ行者ぎょうじゃめ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)