“蠶”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方(ふりがな)割合
かひこ42.9%
カフコ28.6%
かいこ14.3%
14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蠶”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史2.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こめあはれないから、やむくはゑてかひこふんださうであるが
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
うよ/\とたなかひこうごめづる有状ありさまは、わる見窄みすぼらしいものであるが、東雲しのゝめ太陽たいやうめぐみ
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
奈良の御館ミタチでも、カフコは飼つて居た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
奈良の御館ミタチでも、カフコは飼つて居た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
あたまかいこができ、二つの目に稻種いねだねができ、二つの耳にアワができ、鼻にアズキができ、またあいだにムギができ、尻にマメが出來ました。
かれ殺さえましし神の身にれる物は、頭に生り、二つの目に稻種いなだね生り、二つの耳に粟生り、鼻に小豆あづき生り、ほとに麥生り、尻に大豆まめ生りき。