もん
宗助は先刻から縁側へ坐蒲團を持ち出して日當りの好ささうな所へ氣樂に胡坐をかいて見たが、やがて手に持つてゐる雜誌を放り出すと共に、ごろりと横になつた。秋日和と名のつく程の上天氣なので、徃來を行く人の下駄の響が、靜かな町丈に、朗らかに聞えて來る …
作品に特徴的な語句
ぬくもり ひつ あな おこ まは をす つもい おほ かたづ きよく 祖父ぢゞい しつぽ あつ まぼ ぢか こは かゞ ひたへ たゝ 出入しつにふ しやう おつし たつ ひつ 脊負しよは 御前まへ ちがへ ことご 仕舞じまひ 機會ばあひ 夜中よぢゆう ある あつた けへ 露出ろしゆつ ブリード 住居ずまひ おもは どほり 穿すぼ わづらひ ぢゞ あひ ぢき かをり 退しり むかふ こゞ くわ あき つら あく はん さま まは うは ぢゆう いとくち 蹲踞うづく がゝ やう かへ 祖母ばゞ せい きゆう ちゆうと 突込つつこ かゞ 生命らいふ つひ ことわり かえり ひやゝ 上向うへむき 微笑びせう ちゆう 日中にちちゆう だん 相見しやうけん こり くるひ しゆう はぐ 平常へいじやう しよ いう 心掛こゝろがゝ 石鹸せきけん とつ かう わづ 押付おつつけ 方法ほうはふ よそ あゝ
題名が同じ作品
(新字新仮名)夏目漱石 (著)