“中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うち43.4%
なか33.4%
あた10.8%
3.3%
ちゅう2.4%
じゅう2.2%
ちう0.7%
あて0.6%
ぢゆう0.5%
ちゆう0.4%
ナカ0.3%
なけ0.2%
ウチ0.2%
ぢう0.2%
なかの0.1%
なが0.1%
ヂユウ0.1%
なかんづく0.1%
チュウ0.1%
あたっ0.0%
なァか0.0%
ひた0.0%
あだ0.0%
あつ0.0%
あひだ0.0%
うら0.0%
しん0.0%
たか0.0%
0.0%
ちゆふ0.0%
ぢゅう0.0%
0.0%
なかつ0.0%
なかば0.0%
なきや0.0%
ぬち0.0%
めなか0.0%
をか0.0%
ウナ0.0%
チユウ0.0%
ナガ0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二月になって、もとのように神田の或中学校へ通ったが、一週間たたぬまたわるくなって、今度は三月の末まで起きられなかった。
十六、七のころ (新字新仮名) / 永井荷風(著)
い、しいに、がる、煙突幾本った工場がありました。その工場では、チョコを製造していました。
飴チョコの天使 (新字新仮名) / 小川未明(著)
画人的な構想や要意から作られた画でなく、禅的な心境からむしろ不要意に生れ出たといったほうが、っておりはしないだろうか。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
王子珍考えて、玄石が言うたところの白衣は白鶏の毛、紫巾を戴くとは鶏冠、跣足とは鶏の足、左の眼れたるは我が射てたのだ。
奔馬けて、見る見る腕車を乗っ越したり。御者はやがて馬の足掻きをめ、渠に先を越させぬまでに徐々として進行しつ。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
て此間よりギボン、モンセン、スミス等諸家の著述を渉猟致し居候えどもだに発見の端緒をも見出し得ざるは残念の至に存候
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
任務だからと、何樓かので、かけつて、値切つて、つけへつてると、階子くらゐのお二人、さつぱりてない。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
リヴァースの『トダ人族篇』にいわく、トダ人信ずある特殊の地を過ぐるに手を顔にて四方を拝せずば虎に食わると。
「いよ/\お別れが来ました。二三日貴方方と別れなくつちやならんかも知れん。」軍曹はのやうに悲しさうな眼つきをして言つた。
博士は数へた片手をけたまゝ、世間が厭になつたやうな顔をして棒立になつてゐたが、暫くするとぐつと唾を飲み込んだ。
もっとも隣りが、那珂郡ですからだと云う人もありますが、あの近所は方々に神山だの石神などと神の字の在所があるところでね。
ハアー廿九年に己を藪んえ棄てた無慈悲な親だが、会って見ると懐かしいから、名告ってもれえてえと思ったに、まだ邪慳を通して
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
唱詞は、所謂祝詞で、長い語詞ののものが脱落して、後に残つた、有力な部分が、歌である。
呪詞及び祝詞 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
き此間より申上し通り穀屋平兵衞を殺し又鈴ヶ森にて三五郎を殺し候はく私しに相違なけれども金兵衞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
唯一度数河乗越附近を通る人にとろりとした青黒い色の流れをちらと覗かせて、再び廊下の崖下に隠れたまま、東沢の合流点近くなるまでは、容易く人の寄り付くことを許さない。
黒部峡谷 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
大丈夫だといふで、望生に一如何したのかとうてると、草刈に、子供て、去年此處大穴けたのは、此人達だとげたに、いくらお前達つても駄目だと
この申し上げた滋賀津彦は、やはり隼別でもおざりました。天若日子でもおざりました。に矢を射かける——。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
○本朝文粋たる大江匡衡の文に「天満自在天神或は塩梅於天下輔導一人(帝の御こと)或月於天上てんしやうにじつげつして臨万民文道之大祖風月之本主
山栗を我がグリにあてるのはみな間違いで、これらはことごとく支那栗すなわちクリの内の品種名たるにほかなく
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
私が出立する前から世の中の様子を考えて見るとゞうせ騒動がありそうな事だとて居たから、偶然にもたので誠に面白かった。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
十六人の女たちは、時々彼を奪い合って、互に嬌嗔を帯びた声を立てた。が、大抵は大気都姫が、妹たちの怒には頓着なく、酒にった彼を壟断していた。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
(おらもつでもいがべが)
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
これを射てれば蛇すなわち死す〉。
少年めると如何にも大變! 先刻吾等通※して黄乳樹より、一頭猛獸はれてたのである。
女房もそれなりに咽喉ほの白う仰向いて、目を閉じて見る、胸のの覚え書。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
寒気は骨のまで突き通す
サガレンの浮浪者 (新字新仮名) / 広海大治(著)
四こくはうみのにこそあれ
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
舞の群の少女らは華麗のを身に纏ひ、 595
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
老人の帳場番頭の居ること、制服のギヤルソンが二三人しさうに立つて居ること、等はどの国の旅館も少しの違ひがない。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
……(下人に)やい、はヹローナ駈𢌞って(書附を渡し)名前いてある人達見附けて、今宵御入來をおすとへ。
「あら。アさん、何を言っているのよ。今時急にそんな事……。」
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
また木梨太子の御名代として、輕部を定め、大后の御名代として、刑部を定め、大后の弟田井比賣の御名代として、河部を定めたまひき。
はじめはみ、は驚いて、はその顔を見定めると、幼立に覚えのある、裏長屋の悪戯小憎、かつてその黒い目でんでおいた少年の懐しさに、取った手を放さないでいたのであったが。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ゆさぶろと思うて手ばあたりや、部屋んでゴトンて音んしたツ……なんもをりやせんとなるばツてん、わしや、ひよくつと、からだ一ぴやヅンとして、どぎやんすることも出来んだツたツ……。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
この太子の御名、大鞆和氣の命と負はせる所以は、初め生れましし時に、鞆なす御腕に生ひき。かれその御名に著けまつりき。ここを以ちて腹にましまして國知らしめしき。
おみつは、おさんの手紙着物でひらいて、もういちどよみかえしているうちに、あついなみだが、おのずとからわいてくるのをおぼえました。
田舎のお母さん (新字新仮名) / 小川未明(著)
これからはいよ/\おどの大役なり、前門後門にもにもらしき、あたら美玉をつけふは
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
降人ニ出デタランニハ三百貫、イズレモ其日ニ必ズ沙汰シ与ウベシ。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
人間浮生ナルヲツラツラズルニ、オホヨソハカナキモノハ、コノマボロシノゴトクナル一期ナリ、——てれくさくて讀まれるものか。べつなのを讀みませう。
陰火 (旧字旧仮名) / 太宰治(著)
ンヤ、デアなあ、春にテ、ゴト干して、して、春風ア吹グ掻廻して、はゝゝゝゝゝ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)