“あつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アツ
語句割合
19.4%
14.7%
11.6%
10.1%
8.8%
7.5%
6.1%
4.5%
1.9%
1.8%
1.1%
1.1%
1.0%
0.9%
0.9%
0.8%
0.8%
0.8%
0.5%
0.4%
0.4%
0.4%
𤍠0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
危篤0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
炎熱0.1%
熱燗0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
蒐集0.1%
0.1%
蝟集0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
集中0.1%
集団0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで赤貝姫がめ、蛤貝姫がこれを受けて母の乳汁として塗りましたから、りつぱな男になつて出歩くようになりました。
「ああ、なつかしい、まさしくだ! よくなずにってくれた。」と、は、に、をいっぱいしてびました。
幽霊船 (新字新仮名) / 小川未明(著)
弱くなる人で無いことはに信ずると篠田さんは言うてでしたよ、——姉さん篠田さんは貴嬢をくまでく信じて居なさいますよ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
は、やかなきなをみはって、遠方らされてそうな景色ていましたが、からすがでこういますと
馬を殺したからす (新字新仮名) / 小川未明(著)
ラシイヌは静かに歩きながらも、左右に鋭く眼を配って、全身の注意を耳にめ、ある唄声を聞こうとした。しかし唄声は聞こえない。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
子供は、たくさんの土産物と、おとをって、はるばると故郷ってきたのであります。そして、人々くおしました。
牛女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
因って衆をめ自身の夢と侍臣が見た所を語り、一同これはきっとその穴に財宝がされおり王がこれを得るに定まりいると決した。
こうして、三傑が額をめて密談いよよわにして、いつ果つべしとも見えない時分、次の間から、恐る恐る三太夫の声として
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
長「兄さんの名は何とか云ったっけ、ポン太さんじゃアねえ恭太さんか、親方にそう云っておくれ、去年の十月らえた二挺の鋏はもう出来上ったかって」
あたかも我等の視力をし、強きに過ぐる光によりてその形を被ひかくす日にむかふ時のごとくにわが力足らざりき 五二—五四
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ぽつちりと目をあいて、見廻す瞳にまづしかゝる黒い巌の天井を意識した。次いで、氷になつた岩。両脇に垂れさがる荒石の壁。した/\と岩伝ふ雫の音。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
窓越しに見ると、莟のふくらみかけた大木の丁子の枝遷りして、わが世の春の閑かさ暖かさをこの時にめているように。
松園女史の思い出 (新字新仮名) / 金子薫園(著)
心にまかせざること二ツ三ツあれば、怨みもし憂ひもするは人の常なるが、心げなるこの花に対ひて願はくは憂ひを忘れ愁ひをさんかな。
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
『あれッ!』『あれッ、新坊さんが!』と魂消つた叫聲が女兒らと智惠子の口から迸つた。五歳の新坊が足を浚はれて、といふ間もなく流れる。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
それらの剣道の極意歌なるものは、めれば一集になるほど各人各家にある。自分が好きなのは、柳生十兵衛の詠んだ
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あるとある贅沢、あるとある快楽、凡そ人間世界に為し得べき贅沢と快楽をめて装飾したるこの地は到底明治時代の想像に及ぶべくもあらず。
四百年後の東京 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
此處らんとこにたのがだが、それつきり何處さかつちやつたな、それかられはあ、ようまづなんざあねえつちつてんだ」手先脊椎れた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
威武遠く富士に迫れども、大霊のまるところ、りて之を凌がず、万山富士にはその徳を敬し、鎗ヶ嶽には其威をる。
しかし蘭軒を遇することは旧に依つてかつたのである。翌年元旦の詩の引に、蘭軒はかう書いてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
取ひう/\と風を切て振廻す有樣宛然麻殼かふが如くなるにぞ八五郎は是を見て彌々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
腹立つ者、無理言う者、呟く者、る者、迷惑せる者、乗り合いの不平は奴の一身にまれり。渠はさんざんにまれてついに涙ぐみ、身のき所に窮して、辛くも車のみたりき。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
来れ、共に基督の旗にまらむ。われら最後の勝利者に従ひ、以てわれらの紛糾せる戦争の舞台を撤去せむ。平和は、われらが基督にありて領有する最後の武器なり。
最後の勝利者は誰ぞ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
カスタード(牛乳鷄卵とに砂糖れてしたるもの)、鳳梨、七面鳥燒肉、トッフィー(砂糖牛酪していた菓子)、それに牛酪つきの𤍠炕麺麭
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
「今日の昼頃、あの騒ぎの真っ最中ですが、お客様がありましたよ。どこの方ともわかりませんが、このいのに深々と覆面した、欄干渡りが見たさの、良いところの旦那衆でしょう」
と、投げつけるようにいって、もう、い陽の下へ出ていた。
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
その後の節子からの手紙で父はしきりに台湾の伯父さんの上京を促しているということなどをめ合せて見ると、そこに岸本は義雄兄の意嚮を読んだ。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
今夜たかいだね。やかで御正月だ」とつた。まして烟草を一になつて、突然
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
晝間たかいが、になるとくなるね。寄宿ぢやもう蒸汽してゐるかい」といた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
云ながらろしい目にた下谷の長者町とか云ふ所へて道にひ終に二百文出て案内
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
お取にてとれて老人一滴ホロリとしながら初てた此方衆に話すも面伏ながら不※した事から此樣に吾儕の家にて酒食するも何かの縁と思ふ故我身を包もせで話すを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これを射てれば蛇すなわち死す〉。
万種の動作、ただ一心にまる。彼が彼たる所以、ただこの一誠以て全心を把持するが故にあらずや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
草嫩堪茵 るに
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
危篤ゆる今の束の間を
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
歯角脊足宛然皆具う、大なるは数十丈、あるいは十丈につ、小さきはわずかに一、二尺、あるいは三、四寸、体皆具わる、かつて因ってめこれを見る、また曰く冀州鵠山に伝う
斯うなると、世間の注目は私一身にまっているような気がして、何だか嬉しくて嬉しくてらないが、一方に於ては此評判をしては大変という心配も起って来た。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
と投出す機會に切込九郎兵衞がと一聲び女の體は二ツになり無慚の最期に惣内はお里と心得心も女房のめと追詰々々切び九郎兵衞諸共曲者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
全體をしながら何物をもず、ても何等感興さず、しても折角同伴者すこともしないなら、めから其人面白みをらないのだ
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
大勢一所まらなければ、恐ろしくて恐ろしくてならないのであった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
むべからずしき旅客のためにこれをしおくべし
聖家族 (新字新仮名) / 小山清(著)
編目してく。れてた。つてた。もとで太皷しいとおとがいつとはなしにつたのであつたかもれぬ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
權藏一郡第一となり、つて色々公共事業はれてるのです。けれど諸君たららく意外はるゝだらうとひます。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
そのものゝ父はかの笑はしめしものを公に訟へければ、一座に連りしものより金をめてり、某甲を葬りて、事解けぬとなむ。(新古文林 第一巻第五号 明治三十八年八月)
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
常に人世の境域にのみ心をめ、社界を改良すと曰ひ、国家の福利を増すと曰ひ、民衆の意向を率ゆと曰ひ、尨雑なる目的と希望の中に働らきつゝあり。
国民と思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
ただ筒井の叡智だけがそれを教えたのだ。間もなく赤の飯はふっくりと炊かれ、小豆は赤ん坊のようにあどけなく柔らかくれて、あまい、さりしたの深いいを蔵していた。
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
し我等は今宵ころなく用事あれば泊る事はならざれどもさり遊んで歸らんと夫より新宿の相摸屋へりしが其夜九ツ時分品川を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
まだ炎熱いので甲乙は閉口しながら渓流に沿うた道を上流の方へのぼると、右側の箱根細工を売る店先に一人の男が往来を背にして腰をかけ、品物を手にして店の女主人の談話しているのを見た。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「まアお熱燗いところを」と、小万は押えて平田へをして、「平田さん、今晩は久しぶりで酔ッて見ようじゃありませんか」
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
らすべしとのひしかど元來せしは粗忽なりかれしも道理破損しとてみもあらずてやりをとのみもなしれは亡母紀念のなれば他人るべきならずとてめてにせしを
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
英国の弁護士で、笑談学の大家たるリー氏先年『百笑談』の類話をめたのを見ると、この型の話は伊、仏、独、英の諸邦にあれどいずれも十六世紀前に記されず。
まって来た連中の中で、吉次の一番好きなのは、この弁天松代だからである。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
……喜んで飛行機もお目にかければ沢山蒐集めた世界の名画——それもお目にかけましょう。……どれそれでは裏庭の方へ
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
物見高い浜の群衆が、もう蟻のようにまって来た。
鱗粉 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
笏はそう言って、足跡に蝟集まっているうじうじしている馬陸を指さした。——馬陸は、足跡の輪廓の湿りを縫いながら、蠢乎として或る異臭をみながら群れていた。
後の日の童子 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
安珍は逃げ場に窮して、日高郡にある道成寺にのがれ、救いをもとめた。寺僧は彼のをいれた。ただちに、僧をめて、大鐘を下し、その内に、安珍を納した。
京鹿子娘道成寺 (新字新仮名) / 酒井嘉七(著)
甲野さんは額をげたまま、何とも返事をしなくなった。糸子はおとなしく傍に着いている。雨は部屋を取り巻いて吹き寄せて来る。遠い所から風が音をめてくる。ざあっと云う高い響である。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ところが五年目に突然手紙、何事かと驚いて読みすと意味は——お別れしてから種々の運命今は男と夫婦同様になつて居る
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
※等隨分ひでえたんだな」はいひながらへおつたをいた。大豆うて雨戸つてあつたので、大戸を一けてもかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
私は始終機会を捕える気でKを観察していながら、変に高踏的な彼の態度をどうする事もできなかったのです。私にいわせると、彼の心臓の周囲は黒いく塗り固められたのも同然でした。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それで、村の入口に入るや否や、吠えかかる痩犬を半分無意識にい顔をして睨み乍ら、けた様な頭脳を搾り、有らん限りの智慧と勇気を集中めて、「兎も角も、宿を見付けるた。」と決心した。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
田島屋の者はさすがにえきつてしまひ、大きい聲で物を言ふ人間もなく、あちこちに首をめて、ヒソヒソと話して居りますが、八五郎を先に立てゝ平次がやつて來たのを見ると