忘春詩集ぼうしゅんししゅう02 忘春詩集02 ぼうしゅんししゅう
佐藤惣之助兄におくる この詩集がはしなく忘春と名づけられたのも、今から考へると何となく相応しいやうな気がする。さまざまな大切なものを忘れて来たやうで、さて気がついて振り返つて見ても何ひとつ残つてゐないやうな私には、この忘春といふ美しい織物の …
作品に特徴的な語句
調子トオン 人群ひとご しやぶ 異国とつくに まば 午後ひる とど 微笑わら をんな 羽毛はけ 襯衣シヤツ 水気みづけ いひ ばう 集団あつ へり 真実まこと 球根きうこん 行厨うちかひ うら あを 夜半よは あゐ こま ころも 温泉 洋灯らんぷ 凝固かたま まち 頸飾くびかざ あか 斑点しみ 童子わらべ いぶ 肌衣はだぎ かざ ふさ 薔薇ばら いなご のぞ した 足掻あが 身搾みすぼ かど 陰影かげ 温良おとな おびただ そこ 悒悒くさくさ おし 愛児まなご 斑点はんてん くら なが うすもの 湿しめ 点火とも たま 甃石しきいし ちが くせ むつ 石壇いしだん 砕片かけら 磁器じき 秋日あきび たね
題名が同じ作品
忘春詩集:01 『忘春詩集』に (新字旧仮名)佐藤春夫 (著)