“夜半”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よなか57.5%
よは16.4%
よわ15.1%
やはん9.6%
さよなか0.3%
やは0.3%
よはん0.3%
ヨハ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや、まだ夜半だが、お前に良いものを見せてやる、相手は思ひの外手剛いかも知れない、拔かりもあるめえが、十手を忘れるな」
今かゝる哀れを見んことは、神ならぬ身の知る由もなく、嵯峨の奧に夜半かけて迷ひ來りし時は我れ情なくもをばけざりき。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
中に、千鳥と名のあるのは、蕭々たる夜半の風に、野山の水に、虫の声と相触れて、チリチリ鳴りさうに思はれる……その千鳥刈萱。
玉川の草 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
このごろ、毎日のごとく夜半からにかけて空襲警報が鳴る。しかし多くは、空襲警報だけに終って、敵機の投弾は、どなかった。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この意富多多泥古といふ人を、神の子と知れる所以は、上にいへる活玉依毘賣、それ顏好かりき。ここに壯夫ありて、その形姿威儀時に無きが、夜半の時にたちまち來たり。
ロミオ あ、これ、おち。やがて、あの塀外へ、おぬしにに、繩梯子のやうにせたものを家來たせてりませう。それこそは夜半しい頂點此身
付添酒代も澤山に遣す程に急げ/\と急立ける御定法の早飛脚は江戸より京都二日二夜半なれども此度は大岡の家改易に成か又立かの途中なれば金銀を散財して急がせける程に百五十里の行程
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)