“開”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
64.3%
ひら26.1%
あけ2.0%
0.7%
はだ0.7%
0.6%
ひらき0.6%
あい0.5%
ぴら0.5%
ひらい0.4%
ひらく0.4%
ひろ0.4%
0.4%
あか0.3%
かい0.3%
びら0.3%
あく0.2%
あら0.2%
さかせ0.2%
ひらか0.2%
0.2%
びらき0.1%
あき0.1%
きい0.1%
けい0.1%
0.1%
ぱだ0.1%
0.1%
0.1%
ヒラ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「貸家ですか。そこはJさんが雇い婆さんに一週間一ポンドずつやって、窓のてをさせていたんですがね。もういけませんよ」
寶鼎金虎し、芝田白鴉ふ。一瓢造化し、三尺妖邪り、逡巡ることをし、また頃刻かしむ。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
通る人も通る人も皆歩調をゆるめて、日当りを選んで、秋蠅の力無く歩んで居る。下宿屋は二階中をひろげて蚊帳蒲団を乾して居る。
茗荷畠 (新字旧仮名) / 真山青果(著)
けれども私は、よしその時、そんなに素晴らしい前途が目の前にらけていても、私はそれからさきにすすむべきではなかったのです。
入院患者 (新字新仮名) / アーサー・コナン・ドイル(著)
むき身襦袢大肌脱になっていて、綿八丈の襟の左右へけた毛だらけの胸の下から、のついた大蝦蟇口溢出させて、揉んでいる。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
忘れるほど盲録はしません。余計なお世話だ。人の事よりか自分の事を考えてみるがいい。男の口からもう口もかないなンぞッて云ッて置きながら……
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
にもしましたり、狂歌師つて狂歌をいたす時、かお可笑しい話でもして、ワツと笑ふからうとふので、二三やつて見ると面白いから
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
むなどと云卑劣武士にあらず是にても疑ひはぬかと云ふに久兵衞は大口打笑ひイヤサ盜人たけ/″\しいとは貴殿の事なり此品々を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
目の前の大戸が、あたかも雷車の如き音を立って、グワラッグワラッグワラッと一気に押ッかれたのです。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
てみらるゝに小判にて金百兩あり大岡殿心中にだ感じられ是は全く由緒ある武士なり兎角零落に及んでも萬一の時のにと先祖の意を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
○さて口上いひ出て寺へ寄進の物、あるひは役者へ贈物、餅酒のるゐ一々人の名を披露し、此処忠臣蔵七段目はじまりといひて
年上なるは幼なき人の膝の上ににて飾れる大きな書物をげて、そのあけてあるの上に右の手を置く。象牙んでかにしたるごとく美しい手である。
倫敦塔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そこをけては。塚の通ひ路の、扉をこじるのはおよし。……よせ。よさないか。姉の馬鹿。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
すべしと其夜近所合壁寢靜りたる頃藤重が家にび行て見るに是は如何に何程かんとしてもにてよりて有ば少しもず内の樣子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いま孔明のいた陣には八つの門がある。名づけて、、杜、の八部とし、うち開と休と生の三門は吉。傷と杜と景と死と驚との五門は凶としてある。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「御城下の盛り場に唐人小路というところがある。そこで明日から小屋きになる曲独楽嵐粂吉という太夫さんから言伝って来たんだが……」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
破りてなば隨分容易にべきなれど假令奉行職の者なりとも他人の所持品の錠前手込に破る事はならず因て故意々々鐵物屋呼出してさせられたるなり是奉行職を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
持統天皇はその御願を継いで即位二年無遮大会を設け給い、同十一年「癸亥公卿百寮、仏眼はしまつる。を薬師寺に設く」(書紀)。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
江戸にいださば朱門解語の花を、あるひは又青楼揺泉樹をなし、此隣国出羽にれたる小野の小町が如く美人の名をもなすべきに
賀古氏は陸軍の依託学生なのでしたから、すぐに陸軍に出られて、日清日露の両役にも出征し、予備役へ編入されてから病院をれたのです。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
胡坐整然と直して、ここで十万軒が崖にごつごつをぶちけたが、「そうでござんすとも、東京からいらしったんでは。」ためにけたそうで、また胡坐で
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
宝永七年に京都北山甚兵衛の内、紙屋川端の小屋者が、生活難から雪駄直しをなさんが為に、一札を入れて六条村の手下になった事があった。
エタ源流考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
しかし相変らずごく胸の広い燕尾服で、その上、緑の刺繍をしたビロオドの小帽をかぶっている。ただし彼はひとりきりではなかった。
ソレ故一寸一目見た所では——今までの話だけをた所では、如何にも学問どころの事ではなくワイ/\して居たのかと人が思うでありましょうが、其処の一段に至ては決してうでない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「佐竹の賭場で、夕方から曉方まで、張つて張つて張り通しましたよ。あんな勝目はびやく以來で、一と晩に二十五兩と勝ちましたぜ。誰にでも訊いて下さい、小便に立つのが惜しかつたくらゐで」
結構の奇、事状の異、談話の妙、所謂三拍子揃い、柳のに桜の花をかせ、梅のりをたせ、も間然する所なきものにて、に世に行われし牡丹灯籠、多助一代記等にる事万々なり。
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名) / 宇田川文海(著)
……そこで一頃は東京住居をしておりましたが、何でも一旦微禄した家を、故郷けて、村中のを見返すと申して、估券れの古家を買いまして、両三年から、その伜の学士先生の嫁御
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その次にやり出すのは庶民族だ。こいつらには財産がねえ。あるものと云えば反逆性ばかりだ。この二族が同盟する。獣人族へよしみを通ずる。内から城門をおっらく。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
私は語尾を多くの場合単音節に見たいので、「ほ・さぐ」と言ふ様な形は考へにくいのだが、此方面で考へて見ると、「ほく」とでも語源が説かれさうである。
築造ルハ都下繁昌シテ人民知識所以器械
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)