鴎外の思い出おうがいのおもいで
序にかえて あやしくも重ねけるかなわがよはひ 八十四歳一瞬にして これは今年の正月の私の誕生日に、子供たちが集った時に口ずさんだのです。 いつか思いの外に長命して、両親、兄弟、主人にも後れ、あたりに誰もいなくなったのは寂しいことですが、幸い …
作品に特徴的な語句
ひらか あわせ おおい つき ばた おとし うけたまわり おおせ きたり げん だか おこない ふか もうす あげ すぐ あずかり だまり つい いたりに 一寸ちょっ 御聞ごぶん おろ つくば たとえ あまね おもん ゆるし つかえ たく さが ごみ しること かたじけな 似合ふさ たい 煙筒キセル ねばり 正直まさなお ていし あつかい 立籠たちこめ まもり まいり しも かく めあわ きり ならびに 引越ひっこし しかし はばかり はた かく とど 後添のちぞえ おく ばかり がた たま おしえ いえども 難有ありがたく きれ おも いで ふれ くく かけ 先方せんぽう るい がき つかまつり すき たく うえ 上品じょうぼん 不揃ふぞろい 申来もうしきたり ざる さかり あん やわらか ぼうき はた すぎ もっとも