鴎外の思い出おうがいのおもいで
序にかえて あやしくも重ねけるかなわがよはひ 八十四歳一瞬にして これは今年の正月の私の誕生日に、子供たちが集った時に口ずさんだのです。 いつか思いの外に長命して、両親、兄弟、主人にも後れ、あたりに誰 …
作品に特徴的な語句
緻密ちみつ 神田かんだ 燭台しょくだい 俳諧はいかい 恰幅かっぷく 浅葱あさぎ 見馴みな 越後えちご 輿入こしい 反身そりみ 藁草履わらぞうり よし あん 木蔭こかげ 従弟いとこ 膏薬こうやく 袖口そでぐち 藁葺わらぶき 小倉こくら なつめ 芝生しばふ 薄縁うすべり 編輯へんしゅう 鉄漿かね 反物たんもの 吾妻橋あずまばし 本郷ほんごう 緋縮緬ひぢりめん 平家ひらや 枇杷びわ 洗濯せんたく 百日紅さるすべり 四谷よつや 香奠こうでん 八百屋やおや 蓮華れんげ ます 檀那だんな 海苔のり 眉目びもく そらん 湯治とうじ 致方いたしかた 宛名あてな 草双紙くさぞうし 島田髷しまだまげ 年寄としより 思惑おもわく 紙屑かみくず おか 追々おいおい 中洲なかす 小唄こうた 三和土たたき 御挨拶ごあいさつ 朝餉あさげ 元和げんな 厨子ずし 定紋じょうもん 花簪はなかんざし 隅田川すみだがわ 馬琴ばきん 向島むこうじま 品川しながわ 湮滅いんめつ 駝鳥だちょう 常磐木ときわぎ 齷齪あくせく 一廉ひとかど 風貌ふうぼう 両人ふたり 最寄もより 木魚もくぎょ 根太ねぶと 拍子木ひょうしぎ 石見いわみ えり 島田しまだ かじ 薨去こうきょ 雑煮ぞうに 符牒ふちょう のき 人伝ひとづ 図星ずぼし 払子ほっす しとみ 小石川こいしかわ 山茶花さざんか 羽二重はぶたえ 諒解りょうかい 口上こうじょう 声高こわだか 烟草タバコ 白山はくさん すし ごみ 遠退とおの 見込みこみ 顔馴染かおなじみ