“褰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
から27.8%
かか22.2%
かゝ22.2%
かゝげ11.1%
まく11.1%
たく5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
餘所大抵綺麗めて、ぐるりとげた衣物れて只管後姿にするのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
彼女を高くげて、足袋跣足で歩いた。何を云うにも暗黒足下も判らぬ。なす岩に踏み懸けては滑りち、攀上ってはび落ちて、手をけ、を痛めた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
かしこに謙遜れる聖歌の作者ひきげて亂れ舞ひつゝ恩惠にさきだちゐたり、この時彼は王者に餘りて足らざりき 六四—六六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
細流ある所にいたれば紅唇粉面哥妓紅裩る、花姿柳腰美人等わらじをはいて水をわたるなどが江戸の目にはらしくあり。酔客ぢんくをうたへば酔妓歩々る。
小金吾金を出すを見「持つていかなくて、が金だ」と云ひかけ「あゝ痛え/\、ひどい事をしやあがる」と尻をり撫づ。
ただこれだけの歌ですが、わるい道という所から、を高々とって、白い足に続いた白い腹まで出して、ゆるゆると歩き廻るのです。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)