飛騨の怪談ひだのかいだん
綺堂君、足下。 聡明なる読者諸君の中にも、この物語に対して「余り嘘らしい」という批評を下す人があるかも知れぬ。否、足下自身も或は其一人であるかも知れぬ。が、果して嘘らしいか真実らしいかは、終末まで読んで見れば自然に判る。 嘘らしいような不思 …
作品に特徴的な語句
えれ おそわ 躊躇ぐずぐず たたま うみ 寂寞しずか それ せめ くわ はや 如何いつ 種々しゅしゅ はぐ 判然ちゃん さな すぐ おや 悠々ゆっくり 莞爾にこにこ ひらた いい あく いい たた げん ほじ 何処どっか 老翁じいや やから 扮装でたち かこま おわ 種々しゅじゅ 日光ひのめ あぐ 薄暗うすぐろ 彷徨うろうろ でき 尖端とがり みかえ 相互おたがい 嫣然にこにこ すぐ 目眩まばゆ 老爺じいや ほろぼ 手巾はんかちーふ よっ そら この ひもじ せま 幸福さいわい 修繕しゅぜん ところ ひま おろ たっ 赤裸まっぱだか すげ 洋盃こっぷ そう よく 嫣然にやにや かたえ 加之しか 処女しょじょ おそら 立出たちで かわ 逡巡たじろ はじま いで はずみ 老爺じじい まし 間隔へだて いちじ 父爺じじい 下男しもおとこ みこ さが よし 落着おさまり 気配きづかい 祖父じじい 教化きょうか あた 一片ひとかけ 便宜しるべ にぐ しか