飛騨の怪談ひだのかいだん
綺堂君、足下。 聡明なる読者諸君の中にも、この物語に対して「余り嘘らしい」という批評を下す人があるかも知れぬ。否、足下自身も或は其一人であるかも知れぬ。が、果して嘘らしいか真実らしいかは、終末まで読ん …
作品に特徴的な語句
美濃みの 矢庭やにわ 満更まんざら 脾腹ひはら 眷属けんぞく 公達きんだち 嫌疑うたがい ひえ 突兀とっこつ 脱兎だっと 木蔭こかげ 遮二無二しゃにむに 用達ようたし 雇人やといにん 嘆息ためいき 馴々なれなれ 勿怪もっけ たみ 午頃ひるごろ 是等これら すぎ 木挽こびき 生木なまき 本意ほんい 成行なりゆき 襟首えりくび 見識みし 重畳ちょうじょう 谷間たにあい 冬籠ふゆごも そらん 疳癪かんしゃく らち 滾々こんこん 瞰下みおろ 立退たちのき 其儘そのまま 大尽だいじん 嶮岨けんそ 真逆様まっさかさま 関聯かんれん 一足いっそく 尾鰭おひれ たお 生捕いけど はた 外道げどう 追々おいおい 剣呑けんのん 一図いちず 冤罪えんざい 茅葺かやぶき 本文ほんもん 疼痛いたみ たね 寒気さむさ 口唇くちびる さめ 黒雲くろくも 宝物たからもの 呑込のみこ 染々しみじみ 湮滅いんめつ 甲斐甲斐かいがい 吹雪ふぶき 枕辺まくらもと 歯噛はがみ 紙入かみいれ 屈竟くっきょう 惹起ひきおこ 町家まちや 山姥やまうば やく 凄愴ものすご 庭前にわさき 薬鑵やかん 到頭とうとう 隅々くまぐま 頸筋くびすじ 一先ひとま 世辞せじ 切尖きっさき 手持無沙汰てもちぶさた 折柄おりから 片輪かたわ 呵々からから 差当さしあた 死人しにん 縁先えんさき 逆手さかて さき 有様ありさま ひね 某日あるひ 狒々ひひ 詰襟つめえり 間道ぬけみち 魂魄たましい 或時あるとき 草鞋穿わらじば