“因”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
30.5%
もと24.5%
ちな20.5%
ちなみ13.1%
いん3.0%
よつ1.8%
よっ1.4%
より1.0%
おこ0.6%
そこ0.4%
とら0.4%
よし0.4%
わけ0.4%
よる0.2%
いわ0.2%
かさ0.2%
くるし0.2%
したし0.2%
ちなみに0.2%
よすが0.2%
よって0.2%
よれ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
現に露国皇帝が第一回平和会議を召集されたのは、かの有名なる平和論者ジャン・ド・ブロッホの著作にる事多いという事である。
文明史上の一新紀元 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
煩悩の火は鉄もかす。ましてや以前は糸屋の若旦那とか。出家沙門となったのも、は女からで、色の道と借金づまりの世間れ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
狂言の文左衛門は、この頃遊所で香以を今紀文とえ出したにんで、この名をりて香以を写したものである。東栄は牧冬映である。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
にいうが、枳園は単独に弟子入をしたのではなくて、同じく十一歳であった、弘前の医官小野道瑛の子道秀ねて入門した。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
私が幾人も残してく子供を育てヽ下さるであらうと依頼心をあのすやうになつたのもおさんの言葉がになつて居るのです。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
と忽ち心一爲し久左衞門はて江戸へと久八を連て下り弟六右衞門にて事の仔細を委敷話し頼み置つゝ歸りけりて六右衞門所々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
光にて又もや穴の中を窺うと、底の底は依然として真暗であったが、彼は幸いに或物を見出した。それは一条の細い綱である。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
如何に殊勝に聴ゆるにもせよ、宣教師にリビングストーン氏的の精神を見ることはず、説教者にパウルノックスの元気旺せずんば是れ唯て線を画くのみ
何しろすさまじい権幕でしたからねえ——事のりってのは、何ァに大した事じゃありません。大体あの狭山って男はひどい好色漢でしてね。
象牙の牌 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
で、感情してるなと、此方ではつてる前方が、所謂帳場なるもの……「貴女、これはつてかれますか。」とつた。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
どんなに冷淡で厳格な人でも——時にはリストの敵でさえも、ついには彼にえられて、その渇仰者の一人にならずにはいられなかったのである。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
彼の陰に在りて起れる事、又は見るべからざる人の心に浮べる事どもは、貫一の知るもあらねど、片時もその目の忘れざる宮の様子の常に変れるを見出さんはき事にあらず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
風早學士は、其の薄暗い物象と陰影とをして、一種耐へ難い悲哀の感に打たれた……彼自身にも何んの所故か、が解らなかツたけれども、其の感觸は深刻に彼の胸をる。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
呼入今の次第和吉が來りし事よりして斷りたるは癲癇と云したる元益が所爲こと是はまた家主庄兵衞が戀慕に出で云々なりし一一什委敷るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
つまり、魚心堂先生の釣りは、先生の哲学であり、であり、思索であり、生活である——こういうましいれから来て、魚心堂先生の名もある訳……。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
子路率爾としてえて曰く、千乗の国大国の間にまりて加うるに師旅を以てしぬるに饑饉を以てせんとき、これをめば、三年に及ばん、勇ありを知らしめん。夫子之をう。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
渋江氏が本所亀沢町の家を立ち退こうとして、最も処置にんだのは妙了尼の身の上であった。この老尼は天明元年に生れて、に八十八歳になっている。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
(十三) 有子曰く、信、義に近きときは、むべきなり。恭、礼に近きときは、恥辱に遠ざかる。むところ其の親を失わざるときは亦ぶべきなり。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
曰く、馬琴は童話をワラベモノガタリとませている。
『グリム童話集』序 (新字新仮名) / 金田鬼一(著)
かくんでには、はしき光景にてもめなば、幾分むるともならんとへたので、兩人引連れて、此時はしくえた船首した。
公重民事之盛意、而可臣僚不啻、封内民人大幸福也、其事於冊尾云。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
せられオヽ九郎兵衞こそ委細に申たりコリヤ九助其方は只今九郎兵衞が申立に左右伯父女房とも無體に追出したる樣なり此儀如何なるぞと問るゝに九助はんでるやう其等の儀は先日御詮議の節も申上し通り先妻里儀は惣内と不義仕つりし而已か藤八へ預け候金子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
コノ四国ハ、二十年余ノ兵乱ニツテ、民屋ハ兵火ニリ、村里ノ業ハ破レ、田野ハ芒草ハレ、五年三年ノ間ハ、、耕農モ整ハズ、五穀ノ満ツル日モナカラン。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)