遺書いしょ
私にあなたがしてお置きになる遺言と云ふものも、私のします其(そ)れも、権威のあるものでないことは一緒だらうと思ひます。ですからこれは覚書です。子供の面倒を見て下さる方(かた)にと思ふのですが、今の処(ところ)私の生きて居る限りではあなたを対 …
作品に特徴的な語句
珈琲こうひー 継母まヽはヽ たヾ あき はづかし とヾろ たヽ はし きよし 七八なヽや おび おほ ゆづる はづか 牛乳ちヽ 乳首ちヽくび よそほ くつがへ とほり ちひさ つゐ 股引もヽひき 真実ほんたう さう 盗賊どろばう あげ しま 充満いつぱい あやぶ 水口みづくち いん あるひ おそろ 住居すまゐ しげる とざ いぢ すご ひかる はう 花瓶はながめ 客室きやくま 刺繍ぬひ みづか 象徴しるし 太后たいこう いきどほ うち たくは はづ こは くるし 平生ふだん がた じま 寝返ねがへ 容貌きりやう 委細くは ねむり 一日いちにち つい 母様かあさん 真紅まつか だけ おこ あが 目覚めざめ やまひ 陰陽かげひなた 今日けふ 男女なんによ けぶり はひ わづら 生立おひたち なに きたな 矮鶏ちやぼ やせ はさ ねじ ちら 祭日まつりび ぬら きこ たば 眩暈めまひ 洋杯こつぷ 洗粉あらひこ やうや 昨日きのふ あか 玩具おもちや なほ 柳箱やなぎばこ
題名が同じ作品
遺書 (新字新仮名)尾崎秀実 (著)
遺書 (新字旧仮名)原民喜 (著)
遺書 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)