“轟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とどろ64.8%
ごう11.9%
とゞろ9.4%
とどろき7.4%
ぐわう1.6%
がう1.2%
とゞろき0.8%
とどろか0.8%
うご0.4%
とゞ0.4%
とヾろ0.4%
0.4%
ひび0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
満廷粛として水を打ちたるごとくなれば、その靴音は四壁に響き、天井にえて、一種の恐ろしき音をして、傍聴人の胸にきぬ。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
はここだけでなく、下の仁王堂、二ノ丸、諸所の木戸や仮屋からも黒煙を噴いて、山じゅうがッと火唸りしていたのであった。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こゝに信州六文錢世々英勇なることなり。はじめ武田家旗下として武名遠近きしが、勝頼滅亡徳川氏歸順しつ。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
機械勞働者鼻唄工場通行するに、何時も耳にする響と聲だ。してくこともなければ、不思議とするにもらぬ。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
裏の林は鳴つて、枝と枝との触れる音、葉と葉とのすれる音が一つにかたまつてと言ふ音を立てた。空は墨を流したやうに暗かつた。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
と響く遠音とゝもに、汽車が北から南へ走るのが、薄絹をいて手遊品の如く見えた。其の煙突からは煙とゝもに赤く火をき出した。やぢり/\と石段を登つて來さうであつた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
其處には良い男のやくざ者三次が、腰繩をうたれて、入舟町の佐太郎に見張られて居ります。轟の三次は二十五六の苦味走つた好い男でした。
その時男の声音は全く聞えずして、唯り女のまに泣音すのみなる。寤めたる貫一はが上に寤めて、自らを知らざる胸をせり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
見る見る羅物を染め、幔幕を染め、床をひたして、その中に倒れたマネキンの肉体は、最後の苦悶にめきます。
悪魔の顔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
風雨かに到り、迅雷忽ちろく光景は心界の奇幻、之を見て直ちに繩墨の則を当て、是非の判別を下さんとするは、達士の為すところならんや。
でね、蚊帳の中には寝床が三つよりない、と、それから女の子が一人より居ません。亡霊の胸はきます。どうしても三つよりない。も一つの寝床には確かに一人づヽより寝て居ません。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
ッ——と一わたり、小夜嵐屋棟を鳴らして過ぎる。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
胸は山のくずれるような音をしてきましたけれども、お浜のには一種の気味のよいような笑いがほのめいて、じっと眼を行燈の光につけたまま失神ので坐っている。
大菩薩峠:02 鈴鹿山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)