悪魔の顔あくまのかお
「そんな気味の悪いお話はお止しなさいませ、それより東京座のレヴィユーが大変面白いそうじゃ御座いませんか」 と話題の転換に骨を折って居るのは、主人石井馨之助氏の夫人濤子、若くて美しくて、客が好きで物惜みをしないというので、苟も此邸に出入する程 …
作品に特徴的な語句
うご はば 小卓サイドテーブル つかま しき かえ がら でん しっか にら 刺客せきかく かたま しば つか 此邸このやしき ほと 痙攣ひきつ 禁呪まじない おび 血腥ちなまぐ 逆上のぼせ 雪崩なだ 一寸ちょっと 丁度ちょうど 主人あるじ なが おっ ただ 何処どこ 何故なぜ 何時いつ 何誰どなた しか わず 先刻さっき その 其儘そのまま 其処そこ 其晩そのばん 凝然ぎょうぜん もた こわ 千種ちぐさ 可笑おか 呆気あっけ ただ すす 四方あたり 埃及エジプト おびただ 如何いか 孔雀くじゃく へや もっと 尾鰭おひれ きっ 市井しせい 幔幕まんまく 年齢とし ゆる 従兄いとこ 情景シーン 惚気のろけ 成程なるほど ドア 手負ておい 手際てぎわ ほう 抽斗ひきだし つま たお 杵柄きねづか 椅子いす この 此儘このまま 此処ここ 此奴こいつ 母娘おやこ 沢山たくさん 沸々ふつふつ 浮滑うわすべ ようや 濤子なみこ 煙草たばこ 片唾かたず 生薬きぐすり