“凝然”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎょうぜん44.1%
じっ31.5%
ぢつ8.1%
じつ8.1%
じいっ1.8%
ぎようぜん1.8%
じつと1.8%
ぎょうせん0.9%
じっと0.9%
ぢいつ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、さっき佛間でしていたように凝然と端坐して、とき/″\屍骸の方を見ては又半眼に眼を閉じて沈思し出したのであった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
パチリとはしないが物思に沈んでるという気味があるこの眼に愛嬌を含めて凝然睇視られるなら大概の鉄腸漢も軟化しますなア。
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
液汁したばかりにやちつたえとも、そのすぐつから」勘次はおつぎを凝然てそれからもうをかいて與吉た。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
藤田は立止つて凝然此方を見てゐる樣だつたが、下げてゐた手拭を上げたと思ふ間に、道路は少し曲つて、並木の松に隱れた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
つまり、羚羊と同じに、運動神経が痲痺して動けなくなったまでの事で、その眼は凝然と、怖ろしい殺人模様を眺めていたんだ
夢殿殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
頭上の紫藤は春日の光りを揺りて垂れ、藤下の明子は凝然として彫塑の如くめり。予はこの画の如き数分の彼女を、今に至つて忘るる能はず。
開化の殺人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
彼はに不意に頭骸骨を空にさらはれたかのやうな、気抜けな有様で、穴のあくほど水島の顔を、暫らくは凝然見てゐた。
塩を撒く (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
君は、芥子つぶほどの蟹を見たことがあるか。芥子つぶほどの蟹と、芥子つぶほどの蟹とが、いのちかけて争っていた。私、あのとき、凝然とした。
凝然黙って居た二人は、同じ様に肩を顫わせてしくしくとき始めたのであります……。
陳情書 (新字新仮名) / 西尾正(著)
「それ、つてれらな」勘次先刻から、つたやうなかんだやうな、だか落付手持のないをして、自分をば凝然もせぬ卯平かられるやうに
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)