開化の殺人かいかのさつじん
下に掲げるのは、最近予が本多子爵(仮名)から借覧する事を得た、故ドクトル・北畠義一郎(仮名)の遺書である。北畠ドクトルは、よし実名を明にした所で、もう今は知つてゐる人もあるまい。予自身も、本多子爵に親炙して、明治初期の逸事瑣談を聞かせて貰ふ …
作品に特徴的な語句
いづれ いさぎよく 直下ぢきげ おと こひ いささか かたはら 凝然ぎようぜん くわん おのづか いきどほり 画舫ぐわぼう しも をは ただち はん ひそか 歔欷きよき べか いはく あきらか 如上じよじやう おも かの いたづら 相識さうしき 何処いづこ 隻脚せききやく 水蛇ハイドラ たたかひ すなはち はい やぶさか あしゆび ここ かか 羞恥しうち おびやか 戯場ぎぢやう わが さいはひ 庶幾こひねが みづか まさ いつ もと 雛妓すうぎ たまたま けん 隊々たいたい 水靄すゐあい ほとんど 創痍さうい 正気しやうき 匇惶そうくわう いやし いまだ 車蓋しやがい ふく 喋々てふてふ 日子につし あへ いささか つまびらか まつた おのれ いだ あはれ 茫々ばうばう 蕭々せうせう 帰趣きしゆ 畢竟ひつきやう はなはだ なほ 看取かんしゆ やうや 泥濘でいねい がう 校書かうしよ 柏屋かしはや 纍々るゐるゐ 故園こゑん さぐ あた 抛棄はうき 所謂いはゆる 所以ゆゑん こら 慰藉ゐしや 蒼然さうぜん 怯懦けふだ ふく 酣酔かんすゐ 半空はんくう はるか