“紙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かみ77.2%
がみ14.0%
5.3%
1.8%
カミ0.9%
パピエ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さすがに、子供どうしのでは同情があって、行商ると、鉛筆や、などを学校生徒ってくれます。ありがたいことです。
子供は悲しみを知らず (新字新仮名) / 小川未明(著)
それで、時々お手やおをおりになると、それにはいち/\お返事をさしげますので、やう/\おめておいでになりました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
私はびにのようにれてくる顔の形を、どうすることも出来なかった。小僧さんは、大きいハトロンの包みをベリベリといた。
柿色の紙風船 (新字新仮名) / 海野十三(著)
さきの使僧から託された——頼源僧都から帝のお手許へ——なる油紙包みのヨリを無造作に解いてみたのだ。そんな行為を自身いやしむようなみなどはどこにもない。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
のたぐひにて、五色のひかりあり。深山にいでくるものにて、をかさねたるごとくかさなりあひて、げば、よくはがれて、うすく、のやうになれども、にいれてもやけず。
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ちょいとこう船乗りらしく肩を揺すってぽけっとからを取り出し、そこは兼ねて習練で煙草を巻き出したんだが