竹取物語たけとりものがたり
むかし、いつの頃でありましたか、竹取りの翁といふ人がありました。ほんとうの名は讃岐の造麻呂といふのでしたが、毎日のように野山の竹藪にはひつて、竹を切り取つて、いろ/\の物を造り、それを商ふことにしてゐましたので、俗に竹取りの翁といふ名で通つ …
作品に特徴的な語句
おそ じつ うま おほ どほ 一向いつこう 上手じようず 石造いしつくりの うへ をは をどろ たい 九州きゆうしう なんぢ 一方いつぽう うるは 退しりぞ 上品じようひん 同情どうじよう はづ おほ まへ をつと かは おろ みよう 唐船とうせん 器量きりよう 七月しちがつ とほ たつ 骨折ほねを 請求せいきゆう いへ とざ 衣裳いしよう あひだ かゝ あづか 八月はちがつ をんな すもゝ あつま こゝろ 商人あきうど つひ 武士ぶし つかま えら 空中くうちゆう 前置まへお はじ 天上てんじよう 奇妙きみよう 女官じよかん たふ おろか にはか 父母ちゝはゝ いつ 苦情くじよう 日本につぽん なに たく ゆる いたゞ かご 黄金おうごん つか 評判ひようばん まは 今日けふ あが さだ 男女なんによ 高野たかの たふと 主人しゆじん した 年寄としよ うはさ 註文ちゆうもん 正氣しようき ほう ふる 土藏どぞう 少女をとめ そと 射落いおと おほ かへ 樣子ようす 習慣ならはし さら