“同情”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうじょう72.8%
どうじやう8.7%
おもいやり7.8%
おもひやり5.8%
どうじよう1.9%
どうじゃう1.0%
なさけ1.0%
コムパツシヨン1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、同情をしたように、このアルミニウムの湯沸かしは、からわれて、このにきてから、すでにしいいてきました。
人間と湯沸かし (新字新仮名) / 小川未明(著)
非常なる同情好意て一億圓のクレデイツトの設定をすることが出來たことは、日本財界つて此上もなき次第である。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
お雪もその同情に誘われて、子供に添乳をしながら泣いた。この二人の暗いところで流す涙を、三吉は黙って、遅くまで聞いた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
同情は妙なもので、反つて底意を汲ませないやうなことがある。それに蓮太郎の筆は、面白く読ませるといふよりも、考へさせる方だ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
姿はおさなびたれどものちがふ何處やらをとなしくゆるものとひしは、れも他人にてちし同情てばなり、何事母親をかね
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
足下同情多過ぎる悲痛に、悲痛へるばかり。溜息蒸氣しては火花らし、しては大海水量をもす。
「姉と妹二人きりになったのです。故郷の人達の同情に依って、何とか生活して行く道はあるでしょうが、身体だけはうか大切にして下さい。この上、あなたかお妹さんでも病気になると、それこそ取返しが付きませんからね…………」
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
ドストイフスキイなどの小説の持つてゐる同情などゝいふことも、矢張この対社会が多いと思ふ。多くの社会劇は無論さういふ心境から来てゐるのである。
社会劇と印象派 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)