“絶望”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぜつぼう65.6%
ぜつばう18.8%
ぜつまう9.4%
だめ3.1%
つまらん3.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金持ちは、金色べれば、この病気がなおるということをきますと、絶望のうちにかすかな希望めたのであります。
金の魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)
期待してられた絶望とが混淆紛糾した自暴自棄態度ておつぎをめた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
あな、き血浴びしごとも啼き狂ひ絶望る。
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ヂュリ おゝ、めて、そしてしめてまうたら、わたしと一しょにいてされ。もう絶望ぢゃ! 絶望ぢゃ、絶望ぢゃ!
四度目にはもう絶望ちいうて棺桶へ入れられかけた事もあります。私の兄貴分の大惣ナンチいう奴は棺の中でお経を聞きながらビックリして、ウウ——ンと声を揚げて助かりました位で……イエイエ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)