“希望”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のぞみ53.8%
きぼう34.9%
きばう4.1%
のぞ3.6%
けもう1.2%
ホウプ0.6%
こいねが0.6%
ネガヒ0.6%
ホープ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
甲必丹には容易に逢うことが出来ず、出来ても言葉が解らず話すことが出来なかったので、新八郎の希望はとげられそうもなかった。
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
みつは、いつも元気でいるのをうれしくいました。そして、たえず希望にもえているのをなんとなくいじらしくいました。
波荒くとも (新字新仮名) / 小川未明(著)
杉原では、引掛りから、宗助此所ぶつてゐるして、いて面會希望するので、宗助つた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「悲しみもせず、また奇蹟も行なわず、死を希望んでいた人の様に、従容と縛にこうとは? 一体彼奴は何者だろう?」
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
に前の呪を誦持して、我が至るを希望すべし。我その時に於て即ち是人を護念し、観察し、来りてその室に入り、座につきて坐し、その供養をうけん。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
ホウプの可愛らしい姿があるじゃありませんか! われわれは一体「希望」なしで、どうすることが出来ましょう? ホウプは世の中を高尚にしてくれます
「もしも前者ならば絶望である。もしも後者ならば口説き立てて、相手の心に熱情を燃やして、本心を語らせる必要がある。どうぞ後者であるように」……左内は後者を希望った。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
而して、「今夜の月さやかにあれかしと希望給ふなり」(古義)というのは、キヨクテリコソと訓んで、連用言から続いたコソの終助詞即ち、希望のコソとしたから自然この解釈となったのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
追懐」のみは其地を我故郷とうなづけど、「希望」は我にの故郷を強ゆる如し。
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)