波荒くともなみあらくとも
鉛色をした、冬の朝でした。往来には、まだあまり人通りがなかったのです。広い路の中央を電車だけが、潮の押しよせるようなうなり声をたて、うす暗いうちから往復していました。そして、コンクリート造りの建物の多い町の中は、日の上らない前の寒さは、こと …
作品に特徴的な語句
とお さぶ づく しょう うし 冷水れいすい かお 石造いしづく おとず うえ 中央ちゅうおう ぐら いそ 上京じょうきょう さお ねつ ちち らく きび じょう ほん ゆる おだ なか 主人しゅじん 背負せお 交番こうばん にん 顔色かおいろ けむり たよ 人通ひとどお あたま おと 今日きょう 往来おうらい 往復おうふく 彼方あちら からだ つく 彼女かのじょ ひら かれ つよ さき はい 結構けっこう くる 東京とうきょう 去年きょねん 病人びょうにん ぐち 希望きぼう かる けん 左右さゆう つつみ ごえ おお あか 巡査おまわり うば はな にち ほう いえ あたら 突然とつぜん みみ かんが 翌日よくじつ 緑色みどりいろ かみ はこ こた まど 父親ちちおや