“軽”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
かろ50.5%
かる37.9%
かろん3.0%
2.0%
カル2.0%
かろ/″\1.5%
かろし1.0%
かろがろ0.5%
0.5%
けい0.5%
ころ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
膝の下の隠れるばかり、甲斐々々しく、水色唐縮緬の腰巻で、手拭を肩に当て、縄からげにして巻いた茣蓙げにった、帰り。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
は、く、すばしこいから、だいじょうぶ、ねこになどらえられるようなことはありません。」と、とんぼはえました。
春の真昼 (新字新仮名) / 小川未明(著)
世界に存する貧の十分の九は懶惰より来ることを記憶せよ、また正直なる仕事は如何に下等なる仕事といえども決してずるなかれ
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
此の絵(千里駒のお龍逆鋒を抜く図)は違つて居ます。鋒の上は天狗の面を二ツ鋳付けて一尺回りもありませうか、から金で中は空であるいのです。
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)
まづ巻二の挽歌の中にある、通ひ慣れたの村の愛人が死んだのを悲しんだ歌などを第一に推すべきであらう。
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
たとへば高橋五郎氏に胡誕妄説なりと論斥せられし「興雲興雨」の術の如き、彼れは其知らざる物理をもしく論じ去れり。
明治文学史 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
ど無用の物のやうにめたりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
しかし口碑などと云ふものは、よりしく信ずべきでは無いが、さればとて又に疑ふべきでも無い。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ると蹄をあげて走るのが、路はよし、大雨はすくなし、石ころ交じりに草鞋の腐った、信濃の国の片田舎とは、感じに於てもすでに格段の相違がある。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
ぼくはひがんでうのでない。けれどもぼくが父とふたりでいろいろな仕事のことを云いながらはたらいているところを読んだら、ぼくをべつする人がきっと沢山あるだろう。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
賭博場げ歩き、芸妓屋の情夫さんになったり、鳥料理の板前になったり、俥宿の帳附けになったり、の家に厄介になったり、遊女を女房にしたりしているうちに