明治文学史めいじぶんがくし
序論 飛流直下三千丈、疑是銀河落九天。 是豈明治の思想界を形容すべき絶好の辞に非ずや。優々閑々たる幕府時代の文学史を修めて明治の文学史に入る者奚ぞ目眩し心悸せざるを得んや。 文学は即ち思想の表皮なり、乞ふ思想の変遷を察せしめよ。 封建の揺籃 …
作品に特徴的な語句
いさゝ みち たゞ たゞち つゞみう スヽ むなし とゞま 些少させう にはか しり 智慧ウィスドム あまね きよし あた をは 首肯しゆこう まぬが べか きよ かゝ 侏儒しゆじゆ とほ つめ 耀かゞや はなは つひ むな おく 恍惚くわうこつ くみ 麻糸まし あらざ うが はじ たくまし とゞ つまびらか 表彰シンボル 嘲罵てうば きざし 自信セルフ・コンフィデンス ひぢ 堅硬スタビリチイ のみ 縕袍をんぱう いづくん 孱弱せんじやく みだ いたづ 正一まさかず 旭日きよくじつ 揺籃えうらん 敏捷びんせふ かく 沸騰ふつとう ひるがへ 領袖りやうしう いへど 雑駁ざつぱく 鋤雲じようん 逼仄ひつそく ちかづ 辰猪たつゐ 躍如やくじよ 跋扈ばつこ おと 誤謬ごびう いつは ばか けだ 膏腴かうゆ あた 胸臆きようおく やゝ 瞥見べつけん 瞠若だうじやく はなはだ なほ 狭隘けふあい 狡獪かうくわい やうや 洒落しやれ 一瀉いつしや ほと 此処こゝ 柳北りうほく いは むね 先蹤せんしよう