“些少”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さしょう60.4%
すこし5.7%
ちつと4.7%
ちっと4.7%
いささか4.7%
いさゝか3.8%
させう3.8%
ちと2.8%
ささい1.9%
ほん1.9%
すくな0.9%
ささやか0.9%
さゝい0.9%
ちっとも0.9%
ちょっと0.9%
わづか0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
些少ながら、席料の代わりに謝金を包みて床の間の上に置けり。また、別に残肴を入れたる折二箱あり。請う、晩酌の助けとせよ』
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
『音さん。四斗七升の何のと言はないで、何卒悉皆地親さんの方へ上げて了つて御呉なんしよや——はもう些少りやせん。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
ね、あのウだつてもね、先生、人だつて、大勢で、体操場で、てんでにかいつてるのをくンいてると、をいつてるのか些少らないで
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「全く、知らないです。いつて利益になることなら、何すものですか。また些少も秘さねばならない必要も見出さないです。」
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
父親に死なれて郷里に歸ると間もなく、目の見えぬ母とお吉と新太郎を連れて、些少の家屋敷を賣拂ひ、東京に出たのであつた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
どうも是節は不景気でして、一向にういふものがけやせん。御引取り申しても好うごはすが、しかし金高があまり些少で。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
所謂幹事の才なる者は蓋し彼に於て始めて見るべし。之を聞く彼れの時事新報を書くや些少の誤字をも注意して更正することだ綿密なりと。
明治文学史 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
些少どうも児戯に過ぎる……いずれ御蔵内の黄金なども、何処かへ移したことだろうがさて何処へ移したかな? これは是非とも調べなければならない
天主閣の音 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
この、たる婿と、が、どうした事か、毎日の、どんな些少な交渉でもみんな私のところへ、一々もってくるのだった。
「いや/\、それはそれ、これはこれ、たゞ些少ですから。……さあ/\めて。」
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
尾鰭を付けて人は物を言ふのが常、まして種牛の為に傷けられたといふ事実は、些少からず好奇な手合の心を驚かして、る処に茶話の種となる。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
二人は又、お吉に伴れられて行つて、本郷館で些少な土産物をも買ひ整へた。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
何所へ參りしぞとれしかば女房何事か出來したかと驚き今日は商賣用にて栗橋まで參りました故申刻過には大方りませうし御役人樣へ申上ますしの良人は當年六十に相成りますが近所でも林藏と申て何も惡事は是迄しも致しましたことは御座りませんが些少なことは
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それから皆は室のを隅から隅まで調べました、格闘したらしい形跡など何処にも些少ございませんでした。
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そのむべき感謝状を、かういつた上でも、裂いて棄てんか。やつぱりましいことはないが、些少も良心がめないか、それが聞きたい。ぬらくらの返事をしちやあ不可ぞ。
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
宮は些少なりともおのれの姿の多く彼の目に触れざらんやうにとへる如く、木蔭に身をめて、打過呼吸を人に聞かれじとハンカチイフに口元をひて、見るはけれども
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)