十和田湖とわだこ
「さて何うも一方ならぬ御厚情に預り、少からぬ御苦労を掛けました。道中にも旅店にも、我儘ばかり申して、今更お恥しう存じます、しかし俥、駕籠……また夏座敷だと申すのに、火鉢に火をかんかん……で、鉄瓶の湯を …
作品に特徴的な語句
夜叉やしや 近頃ちかごろ 海月くらげ 背戸せど 見馴みな 陸奥みちのく 勇気ゆうき 浅黄あさぎ 覚悟かくご 伊豆いづ 短冊たんざく 律義りちぎ さか すぎ 繰返くりかへ 岩魚いはな 麦藁むぎわら 手足てあし 下界げかい 不足ふそく 瑪瑙めなう 可懐なつか 見渡みわた 象嵌ぞうがん 透間すきま 小雨こさめ 面倒めんだう 小豆あづき 並木なみき 人影ひとかげ 御挨拶ごあいさつ 座敷ざしき 苔蒸こけむす ちう 椎茸しひたけ 催促さいそく 函館はこだて 寒気さむけ 透通すきとほ 片手かたて 苦労くらう あさ 幾重いくへ のき はま むぐら かつら 大木たいぼく さき 時節じせつ おかゝ 様子やうす 巌丈がんぢやう おん 玉葱たまねぎ 用意ようい 真顔まがほ 膳立ぜんだ 金魚きんぎよ だう 方角はうがく 爪立つまだ 口上こうじやう 墨染すみぞめ 白雲はくうん 間道かんだう 黒檀こくたん ゑび そゝ 紺青こんじやう 中空なかぞら 艶麗あでやか 逍遥せうえう だん 大雨おほあめ 紫色むらさきいろ きん 鷲掴わしづか 白樺しらかば 真青まつあを 真先まつさき 後戻あともど 面食めんくら 頂辺てつぺん 琅玕らうかん 白帆しらほ 蘚苔せんたい 雑誌ざつし 不断ふだん 街道かいだう 仙台せんだい 靴足袋くつたび まさかり 薄日うすひ ふね 驚破すはや 僭上せんじやう