十和田湖とわだこ
「さて何うも一方ならぬ御厚情に預り、少からぬ御苦労を掛けました。道中にも旅店にも、我儘ばかり申して、今更お恥しう存じます、しかし俥、駕籠……また夏座敷だと申すのに、火鉢に火をかんかん……で、鉄瓶の湯を噴立たせるなど、私としましては、心ならず …
作品に特徴的な語句
かう たゝか たゞ きう しよう これ 女房かゝあ しづか をのゝ ぎり しよう 些少ほん がつ とう きつ 不可いけず たん かほ うらなひ うま かうべ じゆ 女房かみ いう ゑん がい ぱう たゝ ぢやう くわ おろ かう 周囲しうゐ おほい つゝ 女房にようぼう 小屋こいへ はづか ステツキ わけ いきほ さん ざつ よし がほ 大略おほよそ えつ かたはら おほい かい よそほ たい しう あたゝ かは しきり ともし しやう 生出おひで 由緒ゆいしよ うへ かは 如何いかゞ この はやせ 女房おかみ ぱく 顔色がんしよく しつ おほ うも いう さい 見透みえす 真青まつあを やう やはら 懐紙くわいし まへ ぶり 接吻キツス しづ もり 畳敷ぜふじ 白砂はくしや 晩餐ばん 一寸ちよいと ねぢ くづ あやぶ あたゝ 旅店はたご ふたつ 磽确げうかく 湿潤しつじゆん
題名が同じ作品
十和田湖 (旧字旧仮名)大町桂月 (著)