“喫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
30.3%
16.6%
14.8%
きっ8.1%
7.7%
ふか4.4%
3.7%
あが3.5%
きつ2.7%
たべ1.7%
くら1.5%
1.0%
のみ0.6%
0.4%
のま0.4%
0.2%
くゆ0.2%
0.2%
かじ0.2%
くっ0.2%
くわ0.2%
0.2%
したた0.2%
したゝ0.2%
すい0.2%
すつ0.2%
つか0.2%
のめ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さうだすな。」と三人の若者は、近頃み習ひかけた煙草の道具を片付けて、其處に並べてある形の揃はぬ寺子屋流の机に向つた。
太政官 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
煙管を二、三度、火鉢の縁にきつけると、ましそうに女の姿を見やって、スパスパと莨をった。するうちお国は目を覚ました。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
大異は林の中へ入ってすぐそこにあった大木の根本へ坐って、幹にっかかり、腰の袋に入れていた食物をみだしていはじめた。
太虚司法伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
団飯からごしらえの仕度まですっかりして後、叔母にも朝食をさせ、自分も十分にし、それからを見て飄然と出てしまった。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
サ買つてたよ。源「アヽ、有難う。金「サ、おんでげるからおべ、だけはお見舞かた/″\御馳走してげるから。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「煽がないだつて好いのよ、何か手に持つてゐなければ格構がつかないわよ、煙草ばかりプカ/\されてゐるのも困るからね。」
小川の流れ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
ステッキをついて猩々のやうに髯を生やした馬鹿に鼻の高い「おろしや人」が虎よりは見物人の方を見乍ら長閑にパイプをかしてゐる。
ハツ/\うも御親切有難じます、何卒貴方つてさいまし。金「らんでもいからおりな、の見てで。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「まだ其處つくるけえしちや大變だぞ、戸棚へでもえてけ」勘次注意した。卯平藥罐いで三した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
へいへい。「貴様汁粉るんだ。「えゝ何所のお汁粉屋でもコウがピラ/\つてますが、エヘヽがございませぬやうで。 ...
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
却説兎と熟兎は物の食べようを異にす、たとえば蕪菁うるに兎や鼠は皮をいで地に残し身のみ食うる、熟兎は皮も身も食べてう。
……ヤ……ドッコイショ……と……ああ忙しかった。どうだい葉巻を一本……何だらないのか。それじゃ僕だけ失敬する。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
は夏なりしゆゑ客舎かげにをしきて納涼居しに、主人は酒をむ人にて酒肴をこゝに開き、は酒をばざるゆゑ茶をて居たりしに
に知る、鏡を懸け珠を吐きたまひて、百の王相續き、劒をを切りたまひて、萬の神蕃息せしことをりて天の下をけ、小濱ひて國土を清めたまひき。
その煩悶を信仰によって救われて居る、その信仰に走った刺戟と機会とを与えたものがあるね、それは、此紙包を見給え、火鉢の中から出てきた燐寸燃滓と紙を焼いた灰だ、彼女はないぜ
誘拐者 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
神明素より麺麭せず、葡萄の酒飮まず。
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
しかし、その間熊城は、さも落ち着かんとするもののように、黙然とらしていたが、ややあってから悲しげに云った。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
遠慮なく、をとっていて、二人とも揃って箸を置いたが、お悦さんの方は一口飲み込むと、酒は一滴もけないの、白く澄ました顔色
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
怖々四辺を見ると、瓜番小屋に人もいない様だから、まアい塩梅と腹がってらぬから真桑瓜を食しましたが、庖丁がないから皮ごとり、空腹だから続けて五個ばかり
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「帰れるとも、でもて、ゆっくり休むがえ、朝、眼を覚した時分には、舟はもう走りよる、飯は途中で炊いて、ぬくぬくを喫わせる」
参宮がえり (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ソレカラ又家に客を招く時に、大根や牛蒡を煮てせると云うことにて、必要があるから母の指図に従て働て居た。所で私は客などがウヂャ/\酒をむのは大嫌い。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「そうそう、己のはたらきで、買いいもすれば、男狂いもするのだよ、みあげたお嬢さんだ」
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
翌暁小樽に着く迄は、腰下す席もない混雑で、私は一夜車室の隅に立ち明した。小樽で下車して、姉の家で朝飯をめ、三時間許りも仮寝をしてからまた車中の人となつた。
札幌 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
翌曉小樽に着く迄は、腰下す席もない混雜で、私は一晩車室の隅に立ち明した。小樽で下車して、姉の家で朝飯をめ、三時間許りも假寢をしてからまた車中の人となつた。
札幌 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
不答。煙草のさしを灰の中へ邪険に突込
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
煙草たり、自分り折りしかけてもだ『ハア』『そう』とへらるゝだけで、沈々默々空々漠々、三日でもうしてちますよといはぬり、悠然泰然茫然
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
お弁当をって居るのが小結という、ういう訳でもありますまいが、見た処は見上げる様で、胸毛があって膏薬なぞがあってらしい様でありますが、愛敬のあるものでございます。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
よびとゞめ、熊に助られしとは珍説也語りて聞せ給へといひしに、主人が前に在し茶盌をとりてまづ一盃とて酒を満盌とつぎければ
夏麻引く海上潟の沖つ洲に鳥はすだけど君はもせず」(巻七・一一七六)、「吾が門のもりむ百千鳥千鳥は来れど君ぞ来まさぬ」(巻十六・三八七二)というのがあって
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)