“寔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まこと98.4%
こと1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国に斯様な朝臣があるのはにめでたい限りであるから、何卒此の上とも体を大切にされて、一日でも多く長生きをして下さるように
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「きのうは終日、山をあるき、昨夜は近来になく熟睡した。そのせいか、きょうはに気分がよい。風邪も本格的にったとみえる」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
胸中に察するに余りあるが、その燕路は今夏不遇裡に、かの歌笑と相前後して没し、かしくは郷里の野州へかへつて以来、消息を聞かず、おもひでは共に寂しい。
落語家温泉録 (新字旧仮名) / 正岡容(著)