“こと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コト
語句割合
34.6%
18.7%
13.9%
11.4%
4.9%
3.4%
糊塗2.0%
1.6%
事件1.6%
1.0%
0.7%
0.4%
事実0.3%
0.3%
事情0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
事故0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
一言0.1%
事業0.1%
0.1%
大変0.1%
狐兎0.1%
言葉0.1%
0.1%
0.1%
一事0.1%
一件0.1%
万事0.1%
事實0.1%
事理0.1%
些事0.1%
仔細0.1%
0.1%
0.1%
労苦0.1%
動作0.1%
問題0.1%
0.1%
子取0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
現象0.1%
0.1%
理屈0.1%
理由0.1%
0.1%
異事0.1%
真相0.1%
0.1%
経験0.1%
0.1%
0.1%
行動0.1%
行為0.1%
記事0.1%
診断0.1%
話柄0.1%
0.1%
議題0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何も下品に育つたからとて良人の持てぬ事はあるまい、にお前のやうな別品さむではあり、一とびに輿にも乗れさうなもの
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
の一のかはをがれたために可惜や、お繼母のために手酷折檻けて、身投げをしたが、
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
毎朝、こののところへ、べにすずめがきます。あれにづけしてもらえば、おさんは、だれかきっとえによこしてくれます。
春近き日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
八重山宮古の島々はり歌謡のきわだっているばかりでなく、極南界にあってその言語音韻も純古にして北の島嶼とは趣をにする。
「あのの主さ。君が大いに見たがった娘さ。せっかく見せてやろうと思ったのに、下らない茶碗なんかいじくっているもんだから」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
たゞさへ神仙遊樂私共は、極端なる苦境から、極端なる樂境上陸したとて、めはでないかとはるゝばかり。
それもここ二、三年は何とか日和見的態度で糊塗して来たが、いまや急なる風雲はもう一日もそれをゆるさなくなって来たのであった。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「死にがいも、生れがいもある時の潮が眼に見えて来た。おらも、生命を惜しめ。ならば散り甲斐のある場所で枕をならべよう」
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
源吉は何か事件があつても、じつとしてゐた。他の者なら、それについて何か云つたり、云ひあつたりする。源吉にはそれがなかつた。
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
あ、そうですか、先生が尺八で、あなた様がおで、わたくしが三味線で……それは至極よろしうございます、お相手を致しましょう。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
るなあ。おいわっちまえよ。奮起す。おーい、火山だなんてまるでだよ。ちゃんと立派なビルデングになってるんだぜ。
見そなはす如き容体、とても在命る身にしあらねば、臨終の際にただ一阿姐に頼み置きたきあり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
信吾は心に、ういふ連想からか、かの「恋ざめ」にれてある事実——あれを書く時の作者の心持、否、あれを読んだ時の信吾自身の心持を思出してゐた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
たいてのなり候や、二町目へすてしめてもよかろふのふ。
事情わけて叱りつけ、それでもきき入れないとなりゃ、せめてわたくしの手にかけてらせてやりたいと思うんでございます。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
またそれに続いて、レヴェズが僕を揶揄するのに、あのが裏の蔬菜園から放たれたのだと云って、その中に蕪菁(Rübe)と一を、しきりと躍動させるのだったよ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
引寄れば如何に市之丞が持來りし廿五兩の金子火入に有ければ文右衞門は女房お政をび此金子は何如したるやあれわりたるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
遮那よ、おも、はや十六とはなったぞよ。ことしは髪をさねばなるまい。出家は嫌いと云いおるそうじゃが、生れてより持って出た宿命、生い立ち、今の時勢など、もうえがついたであろう。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここに事故ありと聞きつけて、通行の人集りをって、さりげなく知合が立話でもするごとく装おうとしたらしい。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「わたくしはイギリス人の案内役もときどき頼まれますが、これはわっております」
罌粟の中 (新字新仮名) / 横光利一(著)
心の底には他の無識無謀を冷笑すると共に、さらにめてその言わざる所を言い、その好まざる所を行い、一切の言行を世論の反対に差向けて意気劇烈、些少す所なく
勿體ないであつたれどらぬなればゆるしてされ、まあ何時から此樣して、よくりもしませぬか、伯母さんが田舍引取られておなされて
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
蒲原郡の新潟は北海第一のなれば福地たるず。此余豊境す。此地皆十月より雪る、そのとは地勢による。ぜり。
ピストルのは前額に深く這入っていたがまだ切れてはいなかった。余はその知覚を失いながら半身を動かしつつある古白君をただれて眺めた。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
むかし一言、一目のもて、萬人に幸福を與へしおん身なるを。アヌンチヤタ。幸福は妙齡と美貌とに伴ふものにて、と情との如きは、その顧みるところにあらざるを奈何せん。われ。
「そりゃもう、皆さんの成さる事業ですから、私が何を言おうでは有りませんが……何時まで待ったらが見えるというものでしょう。どうも吾夫の話ばかりでは私に安心が出来なくて……」
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「主税解きましてござります」
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
大変だぞ、もしやイワンが『いいえ、旦那様、にきびどころか、肝腎の鼻がありゃしませんや!』
(新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
それさへ狐兎ゆるに任せ草莱の埋むるに任せたる事、勿体なしとも悲しとも、申すも畏し憚りありと、心も忽ち掻き暗まされて、夢ともとも此処を何処とも今を何時とも分きがたくなり
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
そやろ? お前がいやがる娘を無理にそうしたんやったら、そらわいの言うた言葉に気がさわらんならんやろ。しかし、お前はかえってあの娘が芸子になる言うたのを反対打ったぐらいやないか。
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
「いえ、花井さんを呼んでづけて貰いました。」
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
またその天の尾羽張の神は、天の安の河の水をきあげて、道を塞き居れば、し神はえ行かじ。かれに天の迦久の神を遣はして問ふべし
上の、五柱の神は
たゞもなく考想へてにふとんだ一事がある。
上方者は自分の物だと言って他人の物を引入れましたは重罪でございますけれども格別のお慈悲を以て所払いを仰せ付けられまして其の一件は相済みましたが、深見新左衞門の奥方は
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
旧幕時代の万事を知るものが、その身分々々によって肝煎りをした。
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
私は、彼女が大層暖かな晴れた午後などに下りて來て、テムプル先生に附き添はれてお庭に出るやうな事が、一二度あつたといふ事實からして、この考へを確信してゐた。
かほどまでに事理を別けて頼んでおるではないか——こういう用がある以上、いま直ぐ貴殿の繩にかかるという訳には参らぬが、その代り、何年、いや、何十年かの後、この十七人の十七人目
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
おなじ時代を歩んでいるのではあるが、まあ、なんと、今日から見れば、そんな些事を——といわれるほどの、何もかもの試練にさらされて来た人たちだろう——
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「少し尋ねたい仔細があってな」
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
我が歌はなかれどもわれの歌びとならぬこのわれの歌
和歌でない歌 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
それに不義理の不人情の言いなはるが、こんなは世間に幾らもあります。家風に合わンと離縁する、子供がなかと離縁する、悪い病気があっと離縁する。これが世間の法、なあ武どん。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
お弟子もいかいこと居りますが、お弟子と同じように働き、立木りまして薪などにいたす事は労苦ともしませんと云う、実に妙な尼でございます、重助は此れへ毎日/\参りまして
源は反返って笑いました。人間は時々心と正反対動作をやる——源の笑いが丁度それです。話好な書記は乗気になって
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それから私はフェアファックス夫人へ手紙を送つて、その問題に關する知らせを戴けるかと願つてやつた。私はこの處置がきつと私の目的を達してくれると思つてゐた。
伝えるところによればこれは陽列天の作で、漢王即位の時伶人この曲をし、一鼓を打って天下の和平を慶ぐという目出度い曲なのだ。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
胸中に察するに余りあるが、その燕路は今夏不遇裡に、かの歌笑と相前後して没し、かしくは郷里の野州へかへつて以来、消息を聞かず、おもひでは共に寂しい。
落語家温泉録 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
子曰く、賜や、を以て多く学びて之を識る者と為すかと。えて曰く、然り、非なるかと、曰く、非なり。一以て之を貫くと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
着物を二枚づかつて来た事なぞは、口止めをされてゐるのでく黙つてゐたが、何だかそれではおかみさんの前を偽つてゐるやうで変であつた。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
同じく大刀根岳よりするものたり、数間瀑布あり、而して両岸をみれば一面の岩壁屏風の如くなるを以て如何なるき瀑布とも之をぐるのなきなり、其危険云ふべからず
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
うしたには不思議現象なるものとえまして、姿がその漁師夢枕ったのだそうでございます。
と清之介君はけて頼んだ。
女婿 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「ナ——ンだ、そうか、こんなことか! ……こんな見易い理屈だったのか! ……よし、解った、これで破った、陣十郎の『逆ノ車』俺においては見事に破った!」
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「女子供と思って理由をわけていうのに、め、つけ上がって何をいうか」
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
澄み透るような静かな陽射し、このさまをみては武陵桃源という文字もありそうなことだと思うし、白髪の仙人がをもった童児を従えている図も絵空ごととは思えない風景である。
中支遊記 (新字新仮名) / 上村松園(著)
きませ、措きませい。無駄な事よ、殿、地獄の火でも呼ばぬ事には、明るくしてかて、殿たちの目に、何が見えよう。……見えたら異事じゃぞよ、異事じゃぞよ、の。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それで漸々真相が解かりましたわい。実は私も見付の在所で、お下りのお客様からそのお噂を承りましてか奇妙に存じておりましたところで……と申しますのはほかでも御座いませぬ。
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)
朱絃舎浜子の爪音が、ちょっと、今の世に、類のないの妙音であること、それは、から今にいたるまでも、数少ないものであろうと思っていたし、性格やその他
その後、いささか礼節を知ったのか、まだ、一人で一万円の肉を食った経験はない。
牛鍋からすき焼へ (新字新仮名) / 古川緑波(著)
と再び呼んでも、返事を為ようとも為ない。これは不思議だと怪んで、急いで傍に行つて見ると、体がぐたりとして水涕を出したまゝ、早既にが切れて居る。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
をば母親ざしるにとてせつけもされず、朝夕さびしうてしましたるを、しきにてまゝをもひ、なき今日此頃、それは勿體ないほどの有難さも
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
『モ少許真摯に考へて見ませう……若しの際、那処に居たのが貴女でなくて別の人だつたらですね、僕は同じ行動るにしても、モツト違つた心持でつたに違ひない。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
コノール 聖僧よ、この世には、わしのした行為よりほかに、青年が殺されることもないのか? 尊い名が塵に堕ちることもないのか?
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
『新聞を?』と校長は不思議さうに丑松の顔を眺めて、『へえ、何か面白い記事でも有ますかね。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「詳しい診断はとにかく避病院へおいでになってからにしませう。」
コレラ (新字旧仮名) / 原民喜(著)
君がいわゆる実家話柄とて、喋舌る杢若の目が光る。と、黒痘痕も輝き、天狗、般若、白狐の、六箇の眼玉もとなる。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
令史堂前潛伏してつ。二更りて、でむとして、フトうてく、つてのあたりにたるあるや。これをにては人臭いぞとなり。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
つい妙なぐあいに自分ばかりその油御用の議題に引っかかってなんどき経っても一つことを繰り返しているので、近藤相模守には、ああして聾者真似をされるし、今また
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)