“脇”の読み方と例文
読み方割合
わき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秘密警備隊員の笹枝弦吾は、められた時刻が来たので、同志の帆立介次と肩をべてS公園のをブラリブラリと歩き始めていた。
間諜座事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
次郎は、の下を小さな円いものでつっつかれたようなくすぐったさを覚えた。彼はそれが万年筆であるということを、すぐ覚った。
次郎物語:02 第二部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
私は、何よりもそのきとした景気の好い態度蹴落されるような心持ちになりながら、おずおずしながら、火鉢に座って
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)