“火鉢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひばち99.4%
ばち0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は、何よりもそのきとした景気の好い態度蹴落されるような心持ちになりながら、おずおずしながら、火鉢に座って
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
枕元には薬瓶、薬袋、吸呑み、その他。病床の手前には火鉢が二つ。両方の火鉢にそれぞれ鉄瓶がかけられ、湯気が立っている。
冬の花火 (新字新仮名) / 太宰治(著)
たまにそれとなく入っていって柳沢の留守に老婢さんと茶の間の火鉢のところで、聞かれるままにお前のばなしなどをしたりして
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)