“飯盒”の読み方と例文
読み方割合
はんごう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
釣り上つて昼飯に薪を拾つて河原で飯盒に味噌汁を煮るのがうれしい。山吹の黄と山躑躅の朱。味噌汁の中には山の幸たらの芽。
釣十二ヶ月 (新字旧仮名) / 正木不如丘(著)
けれどこの三箇の釜はとうていこの多数の兵士に夕飯を分配することができぬので、その大部分は白米を飯盒にもらって、各自に飯を作るべく野に散った。
一兵卒 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
そんな岡田はある朝、前の野営地に自分の飯盒をおき忘れ、分隊長に両ビンタを食い、その昼、みんなの食事をぼんやり眺めさせられるような刑罰を受けた。
さようなら (新字新仮名) / 田中英光(著)