一兵卒いっぺいそつ
渠は歩き出した。 銃が重い、背嚢が重い、脚が重い、アルミニウム製の金椀が腰の剣に当たってカタカタと鳴る。その音が興奮した神経をおびただしく刺戟するので、幾度かそれを直してみたが、どうしても鳴る、カタカタと鳴る。もう厭になってしまった。 病気 …
作品に特徴的な語句
叫喚うめき 黎明あけがた 邂逅でっくわ 片々きれぎれ あせ なつか 鬱蒼こんもり 一隅かたすみ みまわ のが 余燼もえさし おやじ なめ きたな かえ にぎわ ひろ 家屋いえ はず しま 繁茂しげり ふくらはぎ とも 泥濘でいねい よご たす とびら 車輛くるま 彼奴きゃつ 高粱コーリャン 金椀かなわん 間断ひっきり 遺憾いかん 罎詰びんづめ ひるがえ 聯隊れんたい ふと 肩章けんしょう そむ 背嚢はいのう 高粱こうりゃん あし 脚気かっけ すね くちびる 驢車ろしゃ 騾車らしゃ はし 馬鞍ばあん 苦力クーリー 飯盒はんごう 顳顬こめかみ 草叢くさむら 草鞋わらじ 荒漠こうばく あお あら 蓋平がいへい かげ おお まき 頷紐あごひも 藻屑もくず 蘇生そせい ほお むち にじ 道理もっとも おそ 遁路にげみち 遼陽りょうよう のが かえ 酒保しゅほ たくま わだち 輾転てんてん ころ 金色こんじき 身体からだ おど のめ みち かま ひらめ 衰頽すいたい