“腓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こむら50.0%
ふくらはぎ35.0%
ふく5.0%
5.0%
ふくら5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この五六日水気の来たような感じのあった右の足のの筋が、歩いているうちに張って来たので、老婆はすこし跛を引くようにしていた。
地獄の使 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
フェッジウィッグのからは本当に火花が出るように思われた。そのは踊のあらゆる部分において月のように光っていた。
毎晩これでしっかりとらっをしめつけて寝ると、きっちり三十日で天使のような足にすることができると書いてある。
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
菱苅の指先に、肩に、に、悪場に挑む、ぬきさしのならない感覚が甦ってきた。
一の倉沢 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)