“踝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くるぶし92.2%
クルブシ4.7%
くろぶし1.6%
つぶなき1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかもそれも、ある朝、教会へ出かけて行く途中で、彼のブルテリヤが僕のにかじりついてね、そんな偶然な出来事からだったんだ。
足のが、膝のが、腰のつがひが、頸のつけ根が、顳顬が、ぼんの窪が——と、段々上つて來るひよめきの爲に蠢いた。自然に、ほんの偶然強ばつたまゝの膝が、折り屈められた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
一つ、二つと勘定すると三つ目で、水はまで落ちた。それで平らに続いている。意外に早く高い所へ出たんで、非常にしかった。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
『日本紀』七や『豊後風土記』に景行帝十二年十月碩田国し稲葉河上に土蜘蛛を誅せしに血流れてに至るそこを血田というとあるのも土が赤かったからの解説だろ