死者の書ししゃのしょ
彼の人の眠りは、徐かに覺めて行つた。まつ黒い夜の中に、更に冷え壓するものゝ澱んでゐるなかに、目のあいて來るのを、覺えたのである。 したしたした。耳に傳ふやうに來るのは、水の垂れる音か。ただ凍りつくやうな暗闇の中で、おのづと睫と睫とが離れて來 …
作品に特徴的な語句
セン エヽ ハナ ワケ アガ スコ ヂカ アデ ソラ メグ ソウ アフム アヒ 退 ヒヤ ヅマ ウハ カブ ナン トマ シヨ ハラ スグ ヅラ ギハ アト ヲナゴ オユ 老女トシ アヒダ 女性ニヨシヨウ ノボ カラ ヂユウ ミヅカ モノ マサ セツ 女性ニシヨウ ウルハ モト モン カシラ カハ イチジル コハ ヌク クハヽ 此方コナタ カヾヤ クハ ウヘ クウ シモ ソト 執着シフヂヤク セキ アワタヾ イラ シボ オモ ギヤウ サガ ウツヽ ホヽ ガタ ジユ コラ ヘリ ツマ シラ クツロ キビ コヾ 可愛イト クチズサ スヾ ハツ
題名が同じ作品
死者の書 (新字新仮名)折口信夫 (著)
死者の書 (新字旧仮名)折口信夫 (著)
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名)折口信夫 (著)
死者の書 (旧字旧仮名)折口信夫 (著)