“老女”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
としより30.8%
ろうじょ10.3%
らうぢよ7.7%
トジ7.7%
おうな5.1%
とじ5.1%
ひと5.1%
おば2.6%
おみな2.6%
ろうによ2.6%
おばあ2.6%
ばば2.6%
らうじよ2.6%
らうぢょ2.6%
をさめ2.6%
をみな2.6%
アツパア2.6%
トシ2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『無い筈はないでせう。此辺では、戸籍上の名とで呼ぶ名と違ふのがありますよ。』と、健はを容れた。そして老女
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
石見守では、吹針試合ではしょせんあの老女勝目はないと考えていたので、この出来事はもっけのさいわいと思った。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『お亞尼とかつたねえ、かね。』とかにふた。老女のやうなで『賓人よ。』と暫時めてつたが
事實、大抵、女部屋の老女たちが、引つたくつて渡させなかつた。さうした文のとりつぎをする若人—若女房—を呼びつけて、荒けなく叱つて居る事も、度々見かけられた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
警吏は直ちに來りて、そが夥伴なる三人を捕へき。われはその車上に縛せられてに入るを見たり。市の門にはフルヰアの老女立ち居たり。
事実、大抵、女部屋の老女たちが、引ったくって渡させなかった。そうした文のとりつぎをする若人—若女房—を呼びつけて、荒けなく叱って居る事も、度々見かけられた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
私はこの老女生母をたった一度見た覚えがある。谷中御隠殿の木のある家で、蓮池のある庭にむかったで、お比丘尼だった。
「先生、渡辺の老女さんがお待ちなされてです」と呼ばれる大和の声に、彼は沈思のを揚げて「其れは誠に申訳がありませんでした」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
ここに須佐の男の命、その河上に人ありとおもほして、ぎ上り往でまししかば、老夫老女と二人ありて、童女を中に置きて泣く。ここに「汝たちは誰そ」と問ひたまひき。
知らず、その老女は何者、狂か、あらざるか、合力か、物売か、知人か、正体のるべき時はかかるにも一分時毎にくなりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「それに先生、お花さんとやらに、老女さんに、お二人までらつしやるので、何程かとも知れませんよ、殿方ばかりのおは、何処となくおしくて、お気の毒で御座いましてネ」渡辺の老女はホヽ笑みつゝ「大和さん、貴郎もマア、お勝手の方を ...
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
しかるに国にっては、ちょうどわが上方で奈良の水取といって春の初めにかえって冷ゆるごとく、暖気一たび到ってまた急に寒くなる事あり。仏国の東南部でこれを老女次団太と呼ぶ。
勿論因縁などはぜられぬが、老女最後一言
さア、やれ、よ、づくめのた、るから眞面目な、嚴格しい老女どの、へてたも、清淨無垢けた勝負ける工夫へてたも。
汝は誰やし老女ぞ、何すれど参来つると問はしければ、赤猪子まをしけらく、その年その月に天皇の命を被りて今日まで大命を仰ぎ待ちて、八十歳を経にけり、今は容姿すでに老いて更に恃みなし。
枕物狂 (新字旧仮名) / 川田順(著)
此中心になる大主前と言はれる老夫——老女を伴ふ——が時々立つて、訓戒・教導・祝福などを述べるのであります。其間に、眷属どもの芸尽しがあります。
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
事實、大抵、女部屋の老女たちが、引つたくつて渡させなかつた。さうした文のとりつぎをする若人—若女房—を呼びつけて、荒けなく叱つて居る事も、度々見かけられた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)