“老若男女”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろうにゃくなんにょ82.6%
らうにやくなんによ13.0%
ろうじやくだんじよ4.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お雪が行って見ると、下の座敷を打抜いて、かれこれ五十人ほどの老若男女ろうにゃくなんにょが、輪を作って盛んに踊っているところでありました。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
何——不自由とは思わねども、ただのう、殿たち、人間が無いに因って、時々来てはさらえてく……老若男女ろうにゃくなんにょの区別は無い。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そこに住む老若男女ろうにゃくなんにょの数はかつて正確に計算せられたことがないと言うものもあるし、およそ二百万の人口はあろうと言うものもある。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
せつにやこしらふるに、このあたりかどながるゝ小川をがはひたして、老若男女らうにやくなんによ打交うちまじり、これあらふをた。
城の石垣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
こがらしの吹く町のかどには、青銅からかねのお前にまたがつた、やはり青銅からかねの宮殿下が、寒むさうな往来わうらい老若男女らうにやくなんによを、揚々と見おろして御出おいでになる。
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
參詣さんけい老若男女らうにやくなんによは、ぞろ/\と、るやうに松並木まつなみきみち往來わうらいして、ふくろはひつたあめや、かみこしらへたはたのやうなものが、子供こどもにも大人おとなにもあつた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
老若男女ろうじやくだんじよすべちからのあらんかぎ災害防止さいがいぼうしつとむべきである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)