“老若男女”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろうにゃくなんにょ82.6%
らうにやくなんによ13.0%
ろうじやくだんじよ4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お雪が行って見ると、下の座敷を打抜いて、かれこれ五十人ほどの老若男女が、輪を作って盛んに踊っているところでありました。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
の吹く町のには、青銅のお前につた、やはり青銅の宮殿下が、寒むさうな往来老若男女を、揚々と見して御出でになる。
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
老若男女のあらん災害防止むべきである。火災防止眞先にし、人命救助をそのつぎとすること。これ人命財産損失最小にする手段である。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)