“風光明媚”の読み方と例文
読み方割合
ふうこうめいび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紀州高野山の道中で、椎出から神谷の中間に、餓鬼坂と云うがある、霊山を前に迎えて風光明媚に、こんな忌々しい名の坂のあるのは
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
大村市から一眸のうちに見晴らせる、風光明媚な湾内に、臼島という周囲五キロに満たぬ、無人の小島がある。
棚田裁判長の怪死 (新字新仮名) / 橘外男(著)
風光明媚えた島原に一夜の宿を求めることも、目的の一つではあったが、島原から行くことが便利であるところの「普賢新焼」の熔岩流を見るためであった。
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)