“風光明媚”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふうこうめいび100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“風光明媚”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なんで有名かといえば、その門作もんづくりがかわっているためでもなく、風光明媚ふうこうめいびなためでもない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大村市から一眸いちぼうのうちに見晴らせる、風光明媚ふうこうめいびな湾内に、臼島うすじまという周囲五キロに満たぬ、無人の小島がある。
棚田裁判長の怪死 (新字新仮名) / 橘外男(著)