“鷹揚自若”の読み方と例文
読み方割合
おうようじじゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
齷齪とこせつく必要なく鷹揚自若と衆人環視のに立って世に処する事の出来るのは全く祖先が骨を折って置いてくれた結果といわなければならない。
『東洋美術図譜』 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)