“麤枝大葉”の読み方と例文
読み方割合
そしたいよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少し出過ぎたかも知れぬが、或る日老師に、「野田と云う人は、所謂る昔風の豪傑で、麤枝大葉、今日の政治家に適して居るか、どうです」
釈宗演師を語る (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)